玉虫日記 オキニイリ
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.17 (Sun)

ちくちく

この週末、寒かったですね・・
昨日は一日中、雪が降ったり止んだり。
外に出る気にもなれず、暇に飽かせてこんなことをしていました。

DSCN3601.jpg

これ銘仙っていうのかな?
大正の初めごろのものらしいです。
かなり大胆な模様・・若いお嬢さんのお召しものだと思います。
というのは

DSCN3602.jpg

着物の胴裏?っていうの?
紅絹(もみ)なのです。
目の覚めるように鮮やかな緋色☆。.:*:・'゜

これをね、解いていました。このごろ古い着物のリフォーム?
といっても小物に再生するのですが・・・を、やりはじめました。
手縫いなのでミシンの糸目を解くよりは楽とはいうものの
これが結構大変な作業です。肩が凝ります。
まずは衿を外して・・・・

あれ?なに?これは・・・
衿芯の替りに別布が入れてありました。
なんと泥大島・・10センチ×20センチほどの小さなものですが
これがお宝・・嬉しい~~

さらに、なんでしょうこれは・・?

DSCN3605.jpg

目を凝らしてみましたら、なんと衿のなかの見えない部分の紅絹に繕いのあとが・・
大切に大切に使ったのですね・・仇やおろそかには出来ません。
さあ、何を作りましょうか・・楽しみです♪

こんなふうに春を待つというのもなかなか良いものですね。


なーーんてはりきってはいたものの、
衿と袖を解いたあたりで頭痛勃発

無理のきかないお年頃のようです( ´-`)
スポンサーサイト
21:14  |  オキニイリ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。