玉虫日記 暦
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.05.09 (Sat)

立夏

お出掛けしなかった連休、思いついて身の回りのこまごまとしたものたちを整理したのですが
家族の使う居間や台所の食器棚、整理ダンスの小引き出しなどはすべて片付け終えることが出来たものの、
自分の部屋の本棚やグロゼットの収納ボックス・・・最大の難関をクリアできなかった・・・
過去うん十年の長きにわたってためにためた手芸用品の数々、本、
あと、写真。それからお出掛けした時いただいてきたパンフレットや地図の類は、
大きな箱にどさっと押し込めてあって、見たい時に見ることも出来ない状況・・
これをなんとかしたいとこれまたうん十年も思い続けていたことをやっと始めたという訳です。
で、クリアファイルを何冊か買って来ました。午前中いっぱいかかって丁寧に一枚ずつ入れて・・・入れて・・・入れて・・・
重いファイルが数冊・・・完成・・・は、・・・しましたけれど、これって箱に入れていた時の方が嵩張らなかったよね。
場所をとることこの上なし。
そこにとどめの息子の一言『観光名所のパンフレットはそのままネットで見れるでしょ!』
嗚呼(T_T) 捨てればよかったのか・・・

昨夜の雨が嬉しかったのか窓の外カエルたちの鳴き声が聞こえます。
早々と田植えの終わった早苗揺らぐ水鏡の上を燕が旋回、今年も立夏を迎えました。

クレマチス白
スポンサーサイト
13:13  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2015.01.04 (Sun)

あけましておめでとうございます

寒い年越し、続く元旦でした。
昨秋結婚した息子夫婦を迎えての賑やかなお正月。
彼らを迎え入れるのは二度目、お嫁さんはとても可愛いお嬢さんで
なによりお母さまの躾がしっかりとなされていて、
礼儀正しく節度を弁え、それなのに初々しくてかわいらしい。
息子にはもったいないような素敵な女性です。

その分情けない姑はσ(ーー;)疲れます。
日常通りでいいではないか!そんなに気を張らなくても有りのままでよい!とは思うものの、
見栄っ張りな私は何かにつけ、つい背伸びをしてしまう。
その疲れが彼らが帰ったあとどどっと押し寄せて、軽い脱力状態に陥っています。

それでも一緒に過ごした二日間、ともに台所に立ち
彼らの暮らしぶりや来春の披露宴の計画など話しながら過ごしたひとときは
夢のように楽しくて嬉しい時間でもありました。

来年はもう少し自然体でおもてなし出来るように姑修行を積まなきゃです!
息子にお嫁さんが来れば自動的に母は姑になる訳ですが
なかなかそうやすやすとなれるものではありませんねえ・・

雛あらば娘あらばと常々願っていた夢がかなったというのに
嬉しいには嬉しいのだけれど、どこから生まれたのか一抹の寂しさも・・
まだまだ子離れしてないのかしらん。

そうそう、年末思い切って色々なものを捨てました。
大事にとってあったものも使わなければ生きていないのだと
押し入れが随分広くなりましたよ^^
本当に大切なものだけをいとおしんで大切に使う生活を・・
物に限らず、珠玉に輝くものだけを傍らに置いて過ごしたい。
そのためにまだまだ「断捨離」続けます。
身軽になってこの先続く老いの坂のぼって行けたらと・・
そう転げ落ちるのではなくて踏みしめてです!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
16:42  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2014.02.03 (Mon)

節分

20140201_220153.jpg

炒り豆ではなく、鰯でもなく、、、節分にことよせて、今年は甘いもの『豆大福』

20140202_103333.jpg

立春大吉、はい!ご存知伊勢赤福の2月のお朔日餅です。

tuitati1.jpg

包装紙もこんなに可愛くて^^立春らしい春のうた尽くし

20140202_103549.jpg

断面形態はこんなふう、もう一種類は黒豆が入っていますよ。
みなさまのところにも福がいっぱい届きますように・・

20140119_073615.jpg

おまけの一枚は生まれて初めの雪に見入る凪♪
23:42  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.04 (Mon)

立春に

春が立って立春。
暦の上の春ですから、例年ならばまだまだ寒さ厳しき折からで
7年前に母が逝ったあの年の立春は雪が積もっていましたが・・・

春立てる霞の空に白川の関に思いを馳せたのはどなただったかしら・・
名のみの春に心ときめくって今も昔も同じのようで、日本人ならではの感覚。
DNAで繋がっているんですね、芭蕉翁とも♪

ましてや今年は名のみならず暖かい節分そして立春になりました。
啓蟄を待ちかねて心がうずうず騒ぎます。
春が来るというのは幾つになってもどこかしらなにかしら嬉しいもののようです。

開花の遅れていた水仙と蝋梅の香りが雨上がりの庭
今日は一段と濃く感じられました。

DSC_2534.jpg
17:52  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2010.12.25 (Sat)

Merry Christmas☆。.:*:・'゜

Merry2.jpg

クリスチャンでもないのだから
関係ない~なぁんてことは言いますまい。

今宵聖夜☆。.:*:・'゜皆様に素敵なクリスマスの魔法が届きますように☆。.:*:・'゜


22:44  | 
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。