玉虫日記 愛すべきもの
2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.05 (Tue)

稲淵案山子まつり2010

こんなじゃだめだな・・と自分を励ますのですがなかなか浮上できなくて困ります。それでも今朝の青空はとても清々しくて深呼吸したら気持ちよかった。
031.jpg
稲淵の案山子さんたちをALBUMにしました。宜しければご覧下さいね。

『稲淵案山子まつり2010』はこちらです♪

大昔、案山子は田の神・水の神の依代として人々から尊ばれ崇め奉られていました。昼夜の別なく立ち尽くして田を守る役目を担っていた案山子は天下のことを悉く知っていると信じられてもいて「古事記」には案山子の久延毘古(くえびこ)」が大国主命に少彦名神の正体を告げる場面もあります。そんな案山子さんではありますがそのお顔はいつも『ヘノヘノモヘ字』そもそも案山子という呼び名はどこから来たのでしょうか?
古くから文机を「案」と呼びました。そして「案山」とは文机のように平たく低い山という意味を持つ山田のことなのだそうです。つまり、案山子(あんざんし)は山田を護る番人のことを言ったのですね。本来はその役目を担う人のことを指す言葉だったのです。それが転じて作物を荒らす鳥や獣を防ぐために作った藁人形のことをも案山子と呼ぶようになりました。では何故「あんざんし」と読む案山子を「かかし」と呼ぶようになったか?ですが、これには二説あって、一つは害を及ぼす鳥や獣の嫌う臭い(人毛や獣肉を焼いた)のするものを置くことで田畑を護ったことから、「嗅がし」=かかし=「案山子」になった。もう一説には、何処の誰ともわからない、取り立てて名前をあげない場合などに用いられる「だれそれ」や「何の何某なにがしかがし」=かかし=「案山子」と変化したというものです。

某は 案山子にて候 雀どの  (それがしは かがしにてそろ すずめどの)

これは夏目漱石の詠んだ句で、「それがし」に「かがし」と「案山子」を掛けていて後者の説を踏まえています。そんな見上げた案山子さんなのに唱歌「かかし」はなんだか案山子の存在を揶揄するかのような歌詞であるのが不思議です・。

山田の中の 一本足の案山子
天氣のよいのに 蓑笠着けて
朝から晩まで ただ立ちどほし
歩けないのか 山田の案山子

山田の中の 一本足の案山子
弓矢で威して 力んで居れど
山では烏が かあかと笑ふ
耳が無いのか 山田の案山子

これではまるで笑われ者の藁人形のような扱いです。何故なのかと少し調べてみましたらこんな記述をみつけました。時代によって案山子の扱い一つにも面白い意味があるものだと思いました。

『この歌が作られた頃、政府は「神社合祀令」(明治39年布告)の下、村の中にあった神社や小祠を1ヶ所に集める政策を推進していました。そこには、国家神道を強化し、同時に不要になった鎮守の森の木々を伐採して田畑に転用しようという意図があったといわれています。お上の命令とはいえ、人々はこれまで信仰していたお社を動かすことに多少なりとも抵抗感を抱いたことでしょう。当局は「社の移転によって祟りが起こるのでは…」と恐れる村人を安心させるために、村の小さな神々を代表する案山子の権威を貶める歌をあえて作り、子供達に歌わせたのではないでしょうか。』 抜粋

041.jpg

今年の稲淵の案山子さんたちは遷都1300年祭に因んだものそれから、ゲゲゲブーム?朝ドラの影響を受けて目玉おやじやねずみ男など楽しいものがいっぱいでした☆。.:*:・'゜これはもう本来の案山子の枠からは飛び出してますね~~(^_-)☆カラスも雀もみんなで楽しむお祭りだからいいのでしょう~♪
スポンサーサイト

テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報

20:50  |  愛すべきもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2010.09.20 (Mon)

蓮の母神像

『ワタシハダレデショウ?』

kusatu1

頭部にハスの花の飾りをつけた女神はインダス文明(紀元前20世紀)の頃のもので、生命の母胎である水や大地の生産力の象徴とハスの花の結びつきを指摘するインドの母神像でした。どこにあったのかと申しますと、琵琶湖のほとり草津水生植物公園みずの森、蓮に纏わる展示物のひとつです。もちろんレプリカで本物はボストン美術館所蔵だそうです。でもこのお顔どこかで見たような??特にこの目は見覚えがあります。

DSC_8681.jpg DSC_8675s.jpg

ね?なんとなく似ていませんか?これは縄文時代に出土の土偶・・・こんな大昔にインドと日本の間に交流があったとは思えませんが、こんなに似たものが生まれる不思議になにか大いなる力の痕跡を見る思いがします。もしかしたらそれを『神』と呼ぶのかもしれません・・。

kusatu4

琵琶湖の蓮はもうすっかり枯れて茶色いハチスに成り果てていましたが、睡蓮はまだ美しく咲いていました。

テーマ : 気になること・もの - ジャンル :

20:31  |  愛すべきもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(21)

2010.06.09 (Wed)

蚕豆さん


今が旬の蚕豆を沢山頂きました。
大きな莢の中ふんわりお布団に包まれた蚕豆さんを
ひとつふたつみっつと取り出してお皿の上で記念撮影Σp[【◎】]ω・´)パシャ
なーんか可愛いな~♪
1.2.3.4.5.6.7.8.9~整列!
じーーーっとみてたら、蚕豆さんからメッセージが届きました?!!

もういっちょ!でもって、ニャロメ爺ちゃん...けむんぱすでやんすぅ~♪。。。。 うん!(。^。^。)
23:51  |  愛すべきもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(18)

2010.06.06 (Sun)


週末青空、にょろりんとのびた雲
                         一反木綿みたいに見えて・・楽しい!(。^。^。)b                                           



22:31  |  愛すべきもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

2010.02.12 (Fri)

欲しいもの・・




くすぐりエルモといいます。セサミストリートでお馴染みの子ですね♪ま、何は兎も角、動画を見てみてください。思わず噴出す楽しさです♪もう何年か前に流行ったオモチャなのだそうで結構高価なのだそうですが、笑いは免疫力を高めます!これで病気にかからない体になれるのなら薬代よりずっといいって思いませんか?これ欲しいなぁ~~
20:45  |  愛すべきもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(18)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。