玉虫日記 美味しいもの
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.12.16 (Tue)

並んだ~♪

職場に嬉しい差し入れがありました。
このタイ焼き、地元では評判のお店のもので、もっちりとした皮にたっぷりの餡!
またその餡が絶妙であずきの豊かな香りとほどよい甘さが何とも美味♪
焼き立てほっかほかをお届いただきました。

一斉に伸びる手を遮っての記念写真☆。.:*:・'整列~!!

20141216211527117.png

冷たい雨の一日あたたかくて甘いものでほっこり*^-^*
明日も頑張ろうp(。^ー^。)qごちそうさまでした!
スポンサーサイト
21:15  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2014.11.30 (Sun)

これなーんだ?!

緑色でうろこのようなゴツゴツ
ヘタのところを触るとふにゅっと柔らかい。
匂いも独特・・
これはすでに完熟、熟れごろ食べごろの果実です。

20141130170130826.png

いつも夏になると楽しみに伺う有機栽培の梨園があって、
先日そちらのご主人さまからお電話を頂きました。
この季節になんだろう?と訝しく思いつつお話しを伺うと
実はこの果物を販売するに到ったので試食に来ませんか?とのお誘い。

「アテモヤ」

聞いたことはありましたけれど見るのは初めて、もちろん食べたこともありません。
釈迦頭(シャカトウ)別名、蕃荔枝(バンレイシ)、ブラジル名ではアテ
と、
チェリモヤを勾配して生まれた果実だということで
なんでも森のアイスクリームと称えられるほどに美味な果物らしいのです。
それは是非にと早速先日お訪ねしてきました。

20141130170156a0c.png

皮はアボガドほどの固さでしょうか・・
でも中は柔らかい~~包丁でさっくりと切れました。

真っ白ではなくてちょっと黒ずんだ果肉はぬめっとしていてどこか不気味。
おそるおそるスプーンで掬って口に運びましたら
なんともとろける~~甘い~~
どこかマンゴーにも似てるかな?
完熟の柿にも通じるところがあるようです。
好き好きはあるでしょうけれど、とりあえず一個求めて
家族で頂きましたが、夫の口には甚くあったようで
なんで一個しか買って来なかったの~とのご意見。
息子はその見た目に怖気づいたのか「いらない」とツレナイ。

20141130170225a98.png

え?私ですか???
夫と息子の間くらいかしらん・・・・・(^^ゞ

そうそう、夫はこの種を撒くのだと取り分けておりましたが
無理だと思う~~(^_-)☆
18:31  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2013.12.20 (Fri)

あったまろ!

気がつけば12月もとおに半ばを過ぎて今日は早や20日。
今日はこちらでも霙混じりの冷たい時雨れが北風とともに降る寒い一日になりました。
こんな日はあったかいものがご馳走ですね^^
今夜はいつものけんちん汁に例のあれをつくって足してみました!
今さらですが・・・・(=^・^=)♪そそそ、あれです!

mame1.jpg

小麦粉を熱湯でこねて丸めて、中に炒った胡桃と黒糖

mame4.jpg

くるっと包めばまめぶの出来上がり!

mame6.jpg

煮えるととろっと黒蜜がとろけます。
お味ですか?んーーーーーやっぱり甘いような辛いような・・でして
でも香ばしい胡桃にしこしこっとしたお団子のおつゆはちょっと癖になるかもです。
七味唐辛子も忘れずに!!

mame2.jpg

これベトナムのお土産です♪竹細工なのですが、カラフルで楽しい!!(。^。^。)b

いまさらの『まめぶ』。。。ついでにもひとつ、いまさらですが、
朝ドラの「ごちそうさん」のっぽのゆうたろうさん、実は「あまちゃん」にも出演されてたってご存知でした???
駅長さんの若い頃を演じてらしたのは彼だったのですって!
最初見たとき「あれ????」って気がしたのは気のせいではなかったのですね^^


Merry5.jpg

明日は甥っ子の結婚式です。横浜まで参ります^^
それが終わればクリスマスそれから年越しそしてお正月。
思うだけでも気の急く年の瀬、どうぞみなさま風邪など召されませんようにご自愛のうえお過ごしくださいね^^
少し早いですが良いお年をお迎えください♪



20:18  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2013.02.26 (Tue)

春御膳

zabo1.jpg

まずは一服

zabo2.jpg

山葡萄のさわやかな果実酒に鮟肝は5ミリ程の角切りにしたものを煮凝りに。
梅に見立てた小花は山芋を型抜きして紅で染められています。緑は菜の花

zabo3.jpg

椀もの、白魚の進丈(しんじょう)
しんじょ(しんじょう)には、進丈、真丈、真薯など、いろいろな当て字があるようです。
1番よく見受けるるのは「進丈」ですが、材料に長芋が入っている場合は「真薯」
蒸したものは「真蒸」とも書くようです。
お出しが絶品、もったいないくらいに美味でした。添えられている緑の野菜は見たことがなかったので
尋ねてみましたら、「うるい」とおっしゃってらっしゃいました。
うるいとは何ぞや?と調べてみましたらなんと、オオバギボウシのことでした。
なるほどーーそういえばそうだ!大昔から山野草として食されていたのだそうで、
癖もなく何より美しい葉物ですね。

zabo4.jpg

お造りは車海老、さっと炙った烏賊、鮪に、鮃はポン酢で・・

zabo5.jpg

京芋の蟹あんかけ 素揚げにされて香ばしいおいもさんがほくほくもっちりそして甘い・・
それにとろりとした蟹のあんが絡まってその美味しいこと美味しいことおかわり欲しかったです^^

zabo6.jpg

目にした途端わぁ~っと歓声があがりました。お雛様です。
これは陶雛?お飾りなのよね?と眺めていましたら、
なんと器になっておりました。
お雛様のお腹のなかにちょこんと、菱餅に見立てたごま豆腐
お内裏様のほうは海鼠の酢の物
細長い器には薄く切った大根に挟まれた自家製のからすみやたまご焼き
そして小さなトマトの蜜煮、これがもうお口の中でとろっととけて・・・
熱いものが続いた後はひんやり・・これもお献立の妙ですね。

zabo62.jpg

緑の器はもずく酢・・はい!ご馳走様でした(・・;)

zabo7.jpg

たらの白子の玉蒸し。。。白子の茶わん蒸し。。。
見た目かなり気持ち悪いのですが、頂くととろけます。
見ないでよそ見して、お行儀悪いですね・・・いただきました。

zabo8.jpg

松阪牛の朴葉味噌焼き
焦がして香ばしさの増した山の芋とシメジ
方形の赤いものは滋賀県特産の紅蒟蒻です。

zabo9.jpg

揚げ物は、新筍で挟んだ海老と蓮根餅

zabo10.jpg

浅蜊の時雨ご飯
こちらのお店は月替わりの変わりご飯で、2月のお献立は時雨れご飯なのでした。
3月になると臼井豆のご飯だそうで、緑鮮やかなお豆のご飯もきっと美味しいのだろうな・・・と
これだけのご馳走をいただきつつも、来月の献立が気になる私たちってかなりの食いしん坊ですね。

zabo112.jpg

いよいよ最後のひと品
黒い器は珈琲風味の葛餅、きなこが添えられています。
薄様紙で覆われたもうひとつは・・・・

zabo11.jpg

そうっとはがしたその途端、甘い匂いが香りたちました。
柔らかな求肥と上品な白あんにくるまれた
新鮮で瑞々しい苺、みな一様に無言・・・うっとり。。。

あぁ幸せ



ご馳走様のあと、一歩外に出ればまだまだ寒い冬の夜ではありましたが
久しぶりに美味しいものを頂いて、冬から春に目覚める心地
また頑張らなきゃな~~っと元気を頂いた夜でもありました^^
次は何時かな~~(^_-)☆おやすみなさい
23:53  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2010.10.22 (Fri)

あをによし◇昼ご膳(中川政七茶房)

お昼はこちらで・・「中川政七茶房」。もともとは奈良晒、麻布が専門のお店で猿沢の池から程近い奈良町の小さな小路、静かな佇まいで床しい店構えは創業300年という老舗。いつぞやkellyさん(kellyキモノ倶楽部)とemyちゃん(アンネイ手帖)がご紹介くださっていてこれは是非にと心に留めていたお店です。nakagawa
11時半に予約を入れてあったのですが少し早目に着いてしまってやさしい雰囲気の店内でしばらく時を過ごしました。
naka1
奈良晒の起源は鎌倉時代にまでさかのぼり南都寺院の袈裟として使われていたと記録されていて、「麻の最上は南都なり 近国よりその品種々出ずれども 染めて色よく 着て身にまとわず 汗をはじく故に 世に奈良晒とて重宝 するなり」 と讃えられていたようです。
naka2
■こちらはまちかど博物館にもなっていて奈良晒の歴史もお勉強できます♪
naka3
■光を透す麻布のパーテーション奥が茶房。
naka4
やっと定刻になり私たちが案内されたのはこちら・・椅子席でしたが座敷もあって美しいお庭を眺めながらのお茶や食事には申し分のない雰囲気です。
naka6
おしぼりも麻・・これまで麻は粗くて固い布という印象があったのですが適度に柔らかい肌触りに驚きました。なれた麻布ってこんなにやさしいのですね・・
naka5
お待たせのお食事はこちら三段重と吸い物と煮物の椀。
naka7
お献立、【一段目】・焼きれんこんの黒胡麻味噌かけ・東大寺免許「行法味噌」と胡瓜・奈良漬けと古代チーズ「飛鳥の蘇」トマトのお浸し。【二段目】・牛蒡の旨煮・鶏の梅酒煮・たまごの一品・大和芋の和風コロッケ。三段目・季節のごはん・香の物・【一品】吸い物・煮物・吉野銘茶「嘉平番茶」・大和茶アイス
naka8
添えられた小鹿を模した最中の皮がサクサクと香ばしくて美味しい抹茶のアイスクリーム。
有機珈琲と一緒に頂きました。これも美味

naka9
お終いにこれ、とてもかわいらしくてお土産に欲しくて眺めていた小座布団。でも模様を選ぶのに迷って迷って結局買えずじまい。全部買うには少々お高いです。一枚5000円弱。で、はた!と思い出したのは押入れに眠っているはるか○十年昔の婚礼道具の夏蒲団。本麻で手触りも申し分なし。あれを仕立て直しできないかしらん・・と夢のようなことを思いつきました。いつかもっとゆとりが持てるようになったら手仕事に致しましょう・・なんていってると直ぐに忘れてしまうのでしょうけれど・・・。とりあえずここに書いておけば目に触れることもあるかもしれないし・・・・・・・・・・って言い訳っぽいですねえ。
naka10食後は平城京跡、大極殿へ。

テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報

08:43  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。