玉虫日記 2015年01月
2015年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.01.29 (Thu)

惜別

お正月が明けて十日ほど経った頃、舅がお腹の痛みを訴えてそのまま入院
そして、その後わずか10日ほどであっけなく他界・・・
来月半ばの91歳のお誕生日目前の出来事でした。

今年のお正月、息子たちと年始に訪れた時は、いつもと変わりなく
満面の笑顔で出迎えてくれたばかりだというのに・・

2年前に妻に先立たれたのち、身の回りのことは自分で整え
日課の朝の散歩は欠かさず、その後は新聞をくまなく読むといった
規則正しい生活で、高齢にもかかわらず誰の世話になることもなく
元気に日々を過ごしていた舅でしたから、
周りの誰もが彼の死など思いもよらぬことで・・・

私の職場に夫から「血圧が下がって来たから病院に来るように」との一報があり
すぐさま駆けつけたのですが駐車場に車を止めた時
「いま心臓が止まった」と・・・
三人の息子だけが見守る中静かな最期であったとか・・・

舅の一生がどんなものであったのかを私はほとんど知りません。
第二次世界大戦では大陸に出征しての生き残りであったことだけを
ポツリと聞いたのみで、多くを語ることはありませんでしたから・・。

ともあれ今頃は、妻と10人の兄弟たち、私の知らない彼の両親
大勢の友人たちに囲まれて空の上で賑やかな時を過ごしているであろうと!



お父さん、お疲れ様でした。

我が家の庭木は数年前まで長らくお父さんが剪定してくださったものですが
あのころ私は何故こんなにも丸裸になるくらい切ってしまうのだろうかと
あなたのなさり方を少々?いえかなり疑問視していたのです。
今、庭木を切るのは夫の仕事になりましたが、下手な床屋さんのような
ざん切りの木々を見る度にお父さんはお上手だったのだなぁとしみじみ思っています。
長い間ありがとうございました。ほんとうにお疲れ様でした。
スポンサーサイト
21:06  |  日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。