玉虫日記 宝石の塔
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.10 (Thu)

宝石の塔


エキウム・ウィルドプレッティといいます。高さは優に2メートルを超えて大きいものだと3メートル以上にも育つそうです。
こうして丸く植えられているとまるでデコレーションケーキのようにも見えます♪アップにするとこんなです。小さなお花はピンク色からやがて紫になって萎れてゆきます。
このお花はスペインカナリア諸島原産の植物。こうして見事に花咲かせるには大変なご苦労があったようです。ここは京都府立植物園。見頃を少し過ごしてしまって残念でした。輝く宝石の塔は来年までのお預け。。お楽しみですね♪

いいお天気が続きましたがそろそろ来週辺りから予報では入梅になりそうです。
紫陽花や菖蒲それから雨蛙くんたちはこの雨を待っているのでしょうね・・(・´`●)
寒かったり暑かったり今年の春はちょっと異常でした。
梅雨のあとの夏はしっかり夏して欲しいなぁ~~って
ほんとは暑いのは嫌いなのですがけじめのない気候というのはもっと嫌なものだと感じます。
あ、でもね、今年初めての蛍を見つけました♪
そんな些細なことが嬉しい6月の夜、少し早いけれどお休みなさい☆。.:*:・'゜

【More・・・】

京都府立植物園園長さんの苦労話メモ『エキウム・ウィルドプレッテ』
ホンマモンの生物である植物を扱っていますと教科書には書いてない事柄にいくらでも遭遇します。 教科書を参考にしない、ということではありません。 国内のどの参考書、どの図鑑、どの事典にもその栽培のノウハウが載っていない植物の種子を目の前にして、さて、花を咲かすには?と考えた瞬間から戦いがはじまります。 我々が教科書を作り上げていくしかありません。
「エキウム・ウィルドプレッティー」、別名を「宝石の塔=Tower ofJewels」。
種子を播種して3年目で開花に至る、カナリア諸島原産のいわば3年草。 正確を期すと、2年草。でも我々は長年の試行錯誤の積み上げから、もっともうまく咲かせるためには3年目、ということを知りました。 1980年、国内初導入した種子は1982年に国内初開花に成功し、その後、種子の保存から、播種、鉢上げ、鉢替え、植え込み、開花に至るまでの奥の深い栽培技術は連綿と現在の技術陣に受け継がれています。 担当の職員は数代にわたっているでしょうか。 日常の植物の栽培管理の中から、技術が絶えることなく受け継がれてきたと確信しています。 この技術が伝承されなければ、すばらしい「宝石の塔」を日本で見ることは出来ません。 過去、いくつかの関連植物園に種子を譲与しましたが、継続してここまでの規模の開花を成功させている例はほとんど聞きません。 開花に至るまでは、技術陣の試行錯誤・右往左往の物語でもあります。
1.物  語
・国内初導入ですから栽培のノウハウが全く無いところからの、感動のドラマ。 ・カナリア諸島はアフリカ大陸北西部の西海上約100kmのスペイン自治州で、これは温室で栽培するべき植物だろう、と思いますが、なんと、・露地で開花させることに成功しました。もちろん、 ・国内初の快挙。・技術職員の我慢を重ねた、持続した積み重ねの努力の大きな成果です。 ・試行錯誤の結果、栽培のノウハウを作り上げました。(完成ではありませんが)
2.種子を播種する時期
取り播きすれば、生育不良。翌年の1月から2月の播種はうまくいった。
3.鉢上げ、鉢替えの時期・回数
鉢上げの年にさらに鉢替えするが、繊細な根故に作業は細心の注意を払う。
4.夏場の水やりの方法
乾燥気味の管理が必要で、水やりは出来るだけ我慢する。
株の状態を毎日観察し、顔色を伺う。 芯に水を掛けると腐るので、一鉢ずつ株元に丁寧に水をやる。 自動散水はもってのほか!
5.植え込み場所を今の場所に選定したこと
播種後、2年目の秋に植え込むが、冬の吹きすさぶ寒風を避けるため、常緑のクスノキ並木の南側で樹齢100年ほどのヒマラヤスギの近く(この大木の根があることで、土は乾燥気味になる)を選んだ。
6.植物園の現場を知り尽くした技術職員だからこその、なせるワザです。・驚きと感動の世界にいざないます。 ・けれど、100%の開花はやはり難しい。 ホンマモンの生きた植物ですので、人間の思うようにはなりません。 今年、61株中、20株は開花に至りませんでした。 花は勝手に咲くのではなく、咲かせています。 カナリア諸島に思いを馳せつつ、エピソードを思っていただき見てくださると、 「宝石の塔」もきっと、喜ぶことと思います。 (園長筆)
21:57  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

Comment

No title

すごおくきれいなお花!
名前も初めて聞いたしもちろん初めて見ました。
植物園の方の苦労の賜物ですね。
わたしも実物見てみたいです。

想い出の京都の植物園。。。
もう15年くらい経つけど。。。
来年は行ってみようかな。
ihatov |  2010.06.10(木) 22:11 | URL |  【編集】

No title

京都の植物園は行ったことないな~~
珍しい植物がいっぱいありそう・・・

↓玉ちゃん天才やなぁ~
いや、天才の域を超えとるわ~~
おもしろい・・・たのしい・・・
kurachi221 |  2010.06.10(木) 22:39 | URL |  【編集】

No title

最初の写真を見てどこだかすぐにわかりました。でも、ここ1か月ほどは行っていないなぁ…
京都府立植物園のバラ園も立派ですね。

今夕、紫陽花と菖蒲を楽しみました。引き続いてホタルの乱舞にうっとりとしてきました。
よっしー |  2010.06.10(木) 22:41 | URL |  【編集】

No title

ihatovちゃんおはよう♪
京都植物園は1日いても飽きないところです。
側に美味しいレストランとそこに付随するお弁当屋さんもあって
また次ご紹介しますね♪お花も団子も楽しめますよ^^v
tama_ma_ma |  2010.06.11(金) 06:57 | URL |  【編集】

No title

くらちゃんおはようございます♪京都植物園広くて緑がいっぱいでいいところですよ~♪是非お出掛けください♪
え?なに?天才を超えるんですかー(Θ_Θ;)
それってアブナイ人ってことかも。。。σ( ̄。 ̄;) 。。。。
tama_ma_ma |  2010.06.11(金) 07:15 | URL |  【編集】

No title

よっしーさんにはおなじみの場所ですね♪
薔薇もまだまだ綺麗でしたし何より新緑が素晴らしかったです♪
紫陽花菖蒲に蛍ですか~羨ましいですね。
どちらにお出掛けだったのでしょう?
tama_ma_ma |  2010.06.11(金) 07:15 | URL |  【編集】

No title

昨夜は、「なばなの里」でした。
平日でも結構な人手でした。
よっしー |  2010.06.11(金) 07:45 | URL |  【編集】

No title

明日からずっと雨のようですね。
紫陽花や菖蒲は、お天気のいいカンカン照りよりちょっと曇った日のほうが、色が冴えて見える気がします。
今年も見に行けそうもないので、玉虫さんの写真は楽しみです。
kelly |  2010.06.11(金) 11:22 | URL |  【編集】

No title

蛍の乱舞・・素敵でしょうね。
私も行ってみたいのですが夜の外出はなかなか侭なりません。
よっしーさんの奥様はお幸せですね^^
tama_ma_ma |  2010.06.11(金) 20:13 | URL |  【編集】

No title

kellyさん、こちらの空模様まだ明日は大丈夫なようです。
ほんとうなら梅雨に備えて家を開け放ってお掃除などするのが
賢い主婦なのでしょうけれど、私は
お花見に行きたい~~!なんてことを考えるダメ主婦です^^;
お仕事お忙しいのでしょうか?季節の変わり目どうぞご自愛くださいね。
tama_ma_ma |  2010.06.11(金) 20:16 | URL |  【編集】

No title

あ~蛍今年は まだ見に行ってないなぁ。。田舎なのに 製紙工場の公害でwwここらへんは あんまりなの。ちょっとヨイショが要ります。案外 大兄ちゃんの岡山市内で見れるって言うのにショック受けてたとこなのww
京都植物園 ますます行きたくなります^^
珍しいお花は・・いや、どんなお花でもか・・wwお花をきちんと育てるのは ほんとに 神経を使い 苦労も多いのでしょうね。綺麗なお花を見せてくださるために日々頑張ってくれている方たちが 陰で たくさん いらっしゃるのね^^
てん |  2010.06.11(金) 21:23 | URL |  【編集】

No title

tenちゃんこんばんは♪この辺りも蛍が飛ぶようになったのは10年ほど前くらいからなんですよ。それまでは田圃の農薬やなんかで殆ど見かけませんでした。この頃は稲作も前のように強い薬を使わないようになったのか小さいけれどふわふわと灯りが飛び交うのをみることが出来るようになりました。蛍の飛ぶ速度は秒速五十センチでしたっけ?桜やぼたん雪の落ちる速度と同じらしい~なんて話は以前にもしたよねー(・.・;)。。。お花を育てるのは難しいよね。てんちゃん頑張ってるなぁといつも見せていただいてます !私も頑張らなきゃですp(。^ー^。)q
tama_ma_ma |  2010.06.11(金) 22:23 | URL |  【編集】

No title

今日、ほんの少しの時間だけ京都府立植物園へ行きました。
北山口付近だけでしたが、時計草がとてもきれいに咲いていました。
そのあと京都コンサートホールで良い音楽に酔ってきました。
よっしー |  2010.06.12(土) 22:28 | URL |  【編集】

No title

よっしーさんはまた素敵な時間を過ごしてこられたのですね・・
目と耳と両方の福♪いいなぁ。。。
さて今日はどんな休日を楽しんでいらっしゃるのでしょう?
またご報告くださいね^^
tama_ma_ma |  2010.06.13(日) 16:39 | URL |  【編集】

No title

おぉー懐かしい花。
これは職場でカズオさんが「京都の植物園になんとかタワーって不思議な花があるんだ」と教えてくれて、名前を一生懸命調べたのでした。一昨年かなぁ。
そのカズオさんも退職の予定です。
emy |  2010.06.13(日) 22:51 | URL |  【編集】

No title

emyちゃん覚えてる~結局なんのお花か判らなかったあのお花はこれだったのね!そうか一緒にここに行ったのはもう一昨年のことになったんやね・・。あの時咲いていたタイサンボクの白今年もみたよ。向日葵はまだだったけれどその分薔薇がまだまだ綺麗でした♪まつぼっくりもたくさんあって楽しかったわ♪カズオさんも退職ですか・・寂しくなるね・。
tama_ma_ma |  2010.06.14(月) 07:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/1027-bd2a375a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。