玉虫日記 捩花
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.28 (Wed)

捩花


【捩花】ねじばな:蘭科 別名「捩摺」もじずり

らせん状のお花は右巻きも左巻きもあると聞きました。片側のみに花がつけば傾いてしまうから花自身がそれを嫌ってこのような花つきになったのだとか?あるいは、どちらの側に虫がいても引寄せられるように・・。此方の方が正解でしょうか・・。

「捩摺」は「しのぶもぢ摺り」、福島県の信夫郡のねじれた模様が特徴の絹布「信夫捩摺り」(捩(もじ)れ乱れた模様のある石に布をあて、その上から忍(しのぶ)草などの葉や茎の色素を摺り付けたもの)との関わりもあるようです。「早苗とる手もとや昔しのぶ擦り」の一句とともに奥の細道にその石の伝承が残されています。今も文字擦観音に残るその石は別名鏡石とも呼ばれます。

陸奥のしのぶもじずり誰ゆゑに乱れむと思ふ 我ならなくに  河原左大臣【古今和歌集】

昔、都の男が按察使として出向いた陸奥の国で虎女という名の美しい女と出会い愛し合うようになりました。時過ぎて男は都からの召還により帰ることになり女との再開を約束して旅立ちました。残された女は恋しさのあまり文知摺石を麦草で磨き続けました。やがて石は鏡となって男の面影を映すようになりましたがこのとき既に女は精も魂も尽き果て、男との再会を果たすことなく亡くなってしまったそうです。

来ぬ人を待つ身となれば捩摺の花の階(きざはし)のぼりのぼりて(咲)

画像は『花の美術館』館長さんに頂戴しました<(_ _*)>

21:27  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

No title

>陸奥のしのぶもじずり…

いいですねえ この歌
語呂がいいので わたしでも覚えています (^▽^)V

人間は 左回りが得意のようで
フィギュアスケートの回転も 皆左周りのようです~
わたしは どちらが得意なのだろう?
いや ぐるぐる回るのは どちらまわりも苦手かも(笑)
non |  2010.07.29(木) 08:40 | URL |  【編集】

No title

nonさん人間は左回りが得意なのですか?ちょっと試してみたくなってやってみましたら私はどうやら逆みたいです。右回りのほうが自然に回れるみたい。つむじ曲がりのへそ曲がりでしょうか?一応右利きですが左利きの傾向も少しありますからその所為なのかな?
覚えやすい歌はいい歌なのだと聞いたことがありますけどこれもきっとそうなのでしょうね^^
tama_ma_ma |  2010.07.29(木) 18:03 | URL |  【編集】

No title

ふぁるがねこう言ったの。
「ブログペット飼う?」だって、、、
なんかグッドタイミングな、、、
それとも、、あたしに同情してくれたのか?
なんか、、励まされたみたいで嬉しくなっちゃった。

捩花←花の名前は難しい。
花は自分に名前のあることすら知らないだろうに。
人って、、花に何を託して名前をつけるんだろうね?

この花、、稚い(いとけない)花だね~
kuki-eme |  2010.07.30(金) 18:00 | URL |  【編集】

No title

emeちゃん、ふぁるはきっと励ましてくれたんだと思うよ~。emeちゃんの気持ちすごくよく判る。でもこれでよかったんだよ・・誰にでも限りっていうものはあるよ。限度もある。無理して続けることは御互いにとってよくない結果を齎すのではないかしらね?

小人になって螺旋の階段を上ることが出来たらきっと素敵でしょうね~薔薇は薔薇と呼ばれて薔薇になる?人も同じ?素敵だといわれたら素敵になれるかな?
tama_ma_ma |  2010.07.30(金) 21:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/1055-04fd9ffb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。