玉虫日記 四万六千日「ほおづき」
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2005.07.10 (Sun)

四万六千日「ほおづき」



今年も鬼灯市が立ちました。去年も賑やかなこのご縁日の様子を見せていただきました折に46000日の功徳のことを教わった筈なのに今年はもうすっかり忘れてた(・・;)
今日はここに心覚え~~ついでにもう少ししっかりこのご縁日のことをネット検索してみましたら
台東区のHPに詳しく記載されていました。以下転記です(^_-)☆

毎年、7月9日.10日は浅草観音の「四万六千日.ほおづき市」である。このどちらかの日に観音様にお詣りすると、四万六千日もお参りした功徳があるのだそうだ。四六時(一日)の千日分が四万六千だという説や、お米の一升は四万六千粒にあたり、この日にお参りすると一生無病息災になれるのだという説、また源義朝が石橋山の合戦で敗れ、浅草寺境内に陣したのが七月十日で、その時に集まった軍勢が四万六千騎あったという説など色々ある。
四万六千日の縁日にあわせて立つのが、ほおずき市。観音境内の空き地に約2百軒のほおずき店が並ぶ。よしず張りに裸電球がぶらさがり、ガラス風鈴つきの「千成ほおずき」が売られる。
「千成りほおずき」は、栽培が難しく、その出来不出来は天候に左右されるといい、殆どが江戸川区鹿骨(ししぼね)町で作られている。
入谷の朝顔市と同じように夏の風物詩として人気があり2日間で約60万人の人出がある。台東区のHP

それからこんな美しい文章も・・・久保田万太郎「浅草風土記」

「お富士さまがすむと、今度は、観音さまの四万六千日である。
七月の十日...
盆前のこお暑さ...ことしの暑さの..序びらきを見よとばかりに晴れぬいた空...
ふるるものすべてを、染めあげなければ止まない真つ青な空...
水の匂いのいよ/\濃くなりまさつた空
その空の下に立つ鬼灯市の、せんなり鬼火、丹波鬼灯の束を、かけ稲のようにかけつらねた店で境内は埋められた。そして、暑さにめげない人々は...といふよりも、暑さがつのれば募るほど、逆によけいに意地になり、いろ/\嵩(かさ)にかゝつて来る人出は、仲見世に、仁王門に、本堂の階段にあふれた。...となると、たま/\うかんだ空の雲よりも、すでに参詣をすました人たちの、手に持ち、髪に挿した雷除けのお札のほうが、より白く、より美しく輝いた。
浅草馬道の小学校は、この日をもって一学期の試験を了つた。
といふことは、その晴れぬいた真つ青な空の下に、暑中休暇が来たといふことの、だから四万六千日と聞くと、人こそ知らぬ、いまでもわたくしは子供の時分のそのよろこびを思い浮かべることが出来る。...。

ね、素敵でしょう。美しい日本の言葉です。
雷避けの御札は↓↓↓ですね(^_-)☆お参りの善男善女はこれを髪に刺したり手に持ったりしたのですね。でもひとつ腑に落ちないのはこの日をもって夏休みに入るというくだり・・
あ、旧暦のお話なのかもしれません。それならなるほど・・・ですが~~~
ですが~~~となると本物のご縁日は一ヶ月近く先のこと(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!
じゃぁ四万六千倍の功徳はいったいどうなるんでしょうか(Θ_Θ;)
美しい風鈴と千成鬼灯の画像はPちゃんからのお届けものです☆。.:*:・'゜
18:14  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

No title

こちらへのカキコは初めまして~♪ですね。
「ほおずき市」テレビのニュースで映し出されてましたわ。

我が家のほおずきは千成りではないです(笑)
プチほおずきが3つぐらいかしら くすっ
光慧 |  2005.07.11(月) 12:43 | URL |  【編集】

No title

お知らせありがとうございます。早速おじゃましました。

ところで、関東は新暦のお盆ですよ。だから今週の13~16日。
お盆が終わると夏休みなので、今年は16日からお休みです。
昔はもう少し早かったのかもしれないですね。
kigi |  2005.07.11(月) 15:59 | URL |  【編集】

No title

光慧さんkigiさんコメントありがとうございます。

光慧さん:うちの鬼灯も随分増えて広がりはするものの虫食いだらけです。
籠に入ったプチトマトみたい(*_*)
千成は丹精して出来たものなのですねえ。
鬼灯鳴らしたことおありですか?
鳴らすのも難しいけど種を抜くのはもっと難しいですね。

kigiさん:早速来てくださってありがとうございます。
関東は7月盆なのですね。こちらが旧盆なものですから
すっかりそうかと思ってしまいましたがよく考えてみれば
それだと夏休み短くなりすぎますよね(ノ_-ハア…

この久保田万太郎という方は俳句もなさった方のようです。
ふれるものをすべて染め上げなければ止まない青空~
作家の瑞々しい感性に脱帽~です。
touka_july2005 |  2005.07.11(月) 20:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/1083-040e44b0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。