玉虫日記 蓮の母神像
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.09.20 (Mon)

蓮の母神像

『ワタシハダレデショウ?』

kusatu1

頭部にハスの花の飾りをつけた女神はインダス文明(紀元前20世紀)の頃のもので、生命の母胎である水や大地の生産力の象徴とハスの花の結びつきを指摘するインドの母神像でした。どこにあったのかと申しますと、琵琶湖のほとり草津水生植物公園みずの森、蓮に纏わる展示物のひとつです。もちろんレプリカで本物はボストン美術館所蔵だそうです。でもこのお顔どこかで見たような??特にこの目は見覚えがあります。

DSC_8681.jpg DSC_8675s.jpg

ね?なんとなく似ていませんか?これは縄文時代に出土の土偶・・・こんな大昔にインドと日本の間に交流があったとは思えませんが、こんなに似たものが生まれる不思議になにか大いなる力の痕跡を見る思いがします。もしかしたらそれを『神』と呼ぶのかもしれません・・。

kusatu4

琵琶湖の蓮はもうすっかり枯れて茶色いハチスに成り果てていましたが、睡蓮はまだ美しく咲いていました。

テーマ : 気になること・もの - ジャンル :

20:31  |  愛すべきもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(21)

Comment

水生植物園の前はよく通るのですが、なかなか入ってゆっくりと鑑賞する余裕がありません。
そういえば土偶の展示もありましたね。
古代のインドと日本の共通点。壮大なロマンの始まりだったりして…
よっしー |  2010.09.22(水) 07:55 | URL |  【編集】

どこかユーモラスな雰囲気漂う母神像と土偶、確かに似ていますね。

ブルーがかった紫の睡蓮が水面に映り美しいです。
熱帯スイレン?こんな色もあるんですね。
anaberu56 |  2010.09.22(水) 11:11 | URL |  【編集】

睡蓮、本当に素敵…うっとりしますわ。
最近、こういうのを観に行ってないなあ。
土偶たち、可愛いですね。
ホント、どこか似た雰囲気なのが不思議。
昔の人は、どんな想いを込めていたのかなあ。

下の記事になるけど…やっぱり書いたものをまとめたものは、
寝かせておくというか、置いておくとまた新しい発見があるよね。
こんなこと考えてたんだなあ…と。
あのころとは、また違う風に思えたりとかね。
そう思うと、もう少し早くインターネットがあったらよかったなあ、なんてね;^^
ちゃいむ |  2010.09.22(水) 15:21 | URL |  【編集】

ボストン夢見る(^_-)

お引っ越し目出度く候。確かインドの神様は何処かで見たと思ったら、ボストン美術館だったのですね~♪v-236余談ですけど、このコメント入れ色々と絵文字も変な文字も入れられて楽しいですね~v-254家にはこんな機能が付いてないですよv-266水中眼鏡の土偶は良く撮れてましたね~v-218悪戯書き込みで失礼致しましたv-22
インダス爺ぃ~♪ |  2010.09.22(水) 18:13 | URL |  【編集】

この睡蓮の色の素敵な事・・・・

しばらく 見入ってしまったぁ。。良い色~すてき^^
たまちゃん こんばんわ^^ 今日は中秋の名月・・・でも せっかくのまんまるお月様も 雲に隠れて 見えなくなってしまいました。ちょうど配達の帰りに上がったばかりの 淡いまんまるお月さまを見たのですが すぐに見えなくなってしまった。
おもしろい・・・不思議な雰囲気の蓮の母神さま 優しいかわいらしい感じがします
てんちゃん |  2010.09.22(水) 19:28 | URL |  【編集】

◆よっしーさん

みずの森はとても手入れも行き届いていて気持ちのいい場所ですよ。四季折々のお花も綺麗です。先日は室内で野草展も催されていて珍しいお花も沢山見ることが出来ました。蓮の母神はインダス文明の頃のもののようですが大まかな時代が日本の縄文と重なっていてそのあたりが面白いなと思った次第です。
玉虫 |  2010.09.22(水) 21:41 | URL |  【編集】

◆anaberuさん

腫れぼったい目の表現がとても似ていますでしょう?古代インドの文明と日本の縄文時代は時期的には一致しているのですが、全く接点のない二つの場所で似たものが作られていたなんて本当に不思議な気がします。青い睡蓮は熱帯のものです。ここは室内と屋外に睡蓮の池があって一年中沢山の品種の睡蓮を鑑賞することが出来る素敵なところなんですよ^^
玉虫 |  2010.09.22(水) 21:46 | URL |  【編集】

◆ちゃいむさん

古代史の謎ってなんだかワクワクするよね!邪馬台国だとか卑弥呼も面白いけれどそれよりまだ昔の長い長い縄文時代ってどんな暮らしだったのかなぁ?人類の歴史の中で一番平和で長閑なときだったのかもしれないなぁって感じます。秋になったら博物館巡りも楽しそう~~。

ネットを始めてかれこれ10年以上になってくるけれど、書いたもので管理が出来ているのはここ5年くらいがやっと・・。もっとちゃんとやっとけばよかったなぁ~って思ってます。その前の分もとりあえずの引き出しには入れてあっていつか整理したいなとは思っています。老後の楽しみ?かなぁ。ネットもそうだけれどデジカメがもっと前からあったらよかったのに~~って思うよ(^_-)☆
玉虫 |  2010.09.22(水) 22:00 | URL |  【編集】

◆インダス爺ちゃん

あれこれ編集機能を駆使してのコメントありがとうございますe-343お引越しはしたもののまだまだ勉強不足でこちらを使いこなせるところまでは参りませんe-445追々頑張りたいと思ってますよ♪蓮の神様と土偶と全く接点はないのに似ているのが不思議で興味深いですe-390ボストン美術館は名古屋の分館は行った事がありますが本場もいつか行ってみたいものですね。世界中の博物館巡りしてみたいなぁと思いますよe-266コメントありがとう
玉虫 |  2010.09.22(水) 22:09 | URL |  【編集】

◆てんちゃん

今窓の外を見たらまんまるお月様が見えました。でもこちらもこれから雨になるようで空は半分雲で覆われています。暑さ寒さも彼岸まで、明日は秋分の日、やっと秋が深まってきそうで嬉しいです。。。。蓮の母神像はなかなか面白いというかユニークなお顔立ちだよね(^-^;)。。。頭についているのは蓮のお花らしいのですがあんまり似合ってない気がするのだけど・・。でもてんちゃんがおっしゃるようにどこか親しみがあってやさし気に見えますね^^
玉虫 |  2010.09.22(水) 22:30 | URL |  【編集】

お風呂上がりに自分を鏡で見ると、ああ土偶がいると思います。
それにしても綺麗な写真やわ。
うっとりいつまでも見てしまいます。
お月さんは雲の間から顔をのぞかせてくれました。
月見だんごもいただいて、今日の予定終了でーす。
emy |  2010.09.22(水) 23:12 | URL |  【編集】

共通点

外国との文化や 遺物に
共通点を見つけると 楽しくなりますね~

左下のは
なんだか ゴーグルつけてるみたいね
右下のも 昔のですか?

モダンな作品に見えますが…

昔の人は 目が大きかったのでしょうか?
それとも モデルさんの目が大きかったのか~

埴輪だから
大きな目を見開いて
主をお守りするようにとの願いがこめられて
いるのでしょうか~

今度 睡蓮を描いてみようかなと思ってます
うまく いくかな~(・_・、)
non |  2010.09.23(木) 00:44 | URL |  【編集】

トム君元気にな~れ~

たまちゃん、おはようございましゅる。
トム君の具合はいかがですか?
元気で飛び回ってくれると本当に嬉しいですよね。
少しぐらいのいたずらは、いいかなぁ~って思うものね。

家もワンちゃんの具合が悪く、アセアセ状態でした。
昨夜から少し、落ち着いておやつも食べるので一安心です。
先日、近所の友人のワンちゃんも突然虹の橋を渡って、悲しい事でしたよん。

蓮の母神像。。
縄文時代の土偶・・・
勉強になる。
過去の人たちのその時代の想い。。。
想像してみたよ。
結局は私の中の想像だけですけど。

まだ、若いころと、ある大学での勉強会に参加したことがあるの。一年間のコースでね。
小さい息子を連れて、その道の専門の先生の講演を聴いたり・・でも、あの頃は息子が騒ぐんじゃないかって、ドキドキしながらだったなり。
たまちゃんのブログの方が、すごく勉強になるよん。
いつもありがとうでする。
やこ |  2010.09.23(木) 06:44 | URL |  【編集】

◆emyちゃん

あのちょっとはれぼったい土偶の目は魅力的です。夕べの芋名月はこちらでも思いのほかよく見えました。お団子はなかったけどね(T_T)。。今年の秋分の日は雨になったねえ・・いつもいいお天気やった気がするのは思い込みかなぁ?雷までなって大荒れの割には然程の雨量ではなくてお花たちはきっとやきもきしているかも!
玉虫 |  2010.09.23(木) 10:49 | URL |  【編集】

◆nonさん

下の二点は土偶で、埴輪のように埋葬者を守るといった明確な使途はよく判っていないのですが、お守りや祭祀に使われたのではないかとの解釈が一般的なようです。縄文時代といえばそれはもう気が遠くなるような大昔なのにこんなにモダンな感覚を持っていたなんて吃驚しますよね。二つとも日本のもので、眼鏡っ子は青森、 ハートのお顔の子は群馬だったと思います。睡蓮のお花は一輪を見ても綺麗ですがモネのようにお池に沢山咲く姿も綺麗ですね~nonさんの絵とても楽しみです^^また見せてくださいね♪
玉虫 |  2010.09.23(木) 10:55 | URL |  【編集】

◆やこちゃん

秋分の日は雨になりました。雷も鳴っていてたまはおびえているのか机の下にもぐって出てこようとはしません。トムは具合が悪いのに何故か外に出たがって困ります。出て行っては大変なので今日はずっとつきっきりで見ているのですが今は大人しく眠ったので少しだけパソタイムにしました。すっかり痩せてしまってだるそうでね・・。少しでも食べてくれるといいのだけれど・・。飼い主も一緒になって泣きたい気分ですよ。。。やこちゃんちのワンちゃんは元気になって良かったですね^^うちのトムも元気で悪戯猫に戻ってほしいです。

やこちゃんは昔から勉強家だったのですね。私はやりたいことがあっても子供が小さいから・・なんてことを理由に伸ばし伸ばししていたらいつのまにか何もしないままでこんな齢になってしまいました。お勉強は年齢には関係ないのだから今からでもやれるのですが今度は気力が生まれてきません。。。今はきっとトムのことが気掛かりだから余計に気持ちが外に向かないのだと思います。土偶とインドの女神様似てるでしょう?何千年も昔、地球には宇宙人が遊びに来ていてその姿を見た縄文人やインダスの民が神様の像を作ったのかも?なんて仮定するのも面白いですね^^。。左側の土偶は遮光器をつけているようにもみえるので遮光器土偶のシャコちゃんとも呼ばれている重文なのですって♪出土したときには片足だけ欠けていたのですが、これは各地の土偶の殆どに見られる現象で、体の一部が欠けていることが多いのだそうです。それと土偶のその殆どが女性なんですよ~。あと日本で一番古い土偶は三重県の粥見井尻という場所から出土しました。掌に載せたことがありますがとても小さいんですよ^^
玉虫 |  2010.09.23(木) 11:10 | URL |  【編集】

睡蓮まだ咲いていましたか
琵琶湖の周辺私も大好きです
又、ゆっくり散策したいです
みみ |  2010.09.23(木) 11:21 | URL |  【編集】

◆みみさん

琵琶湖周辺には見所がたくさんありますね・・
秋になれば湖東の紅葉もまた楽しみです。
あっという間に一年が経ちますね・・
玉虫 |  2010.09.23(木) 13:36 | URL |  【編集】

トムちゃん・・・よくがんばりました。

今はただ・・・安らかにと祈るだけです。言葉にならない・・・
たまちゃん  抱っこしてあげてて トムちゃんは きっと安心して逝ったよ。ありがどうって 言ってるよ。。
てんちゃん |  2010.09.26(日) 21:42 | URL |  【編集】

この数日というもの大変な日々だったのですね…

この世のすべてのものに寿命があるのはわかっていますが悲しいですね。
猫は誰もいないところに行って最後を迎えるといいますが
トムちゃんはお母さんの胸で最後の時を迎えられて安心して旅立ったことと思います。
玉虫さんが手を尽くされたことトムちゃんもきっと分かって感謝していますよ。

(トムちゃんの元気な頃のゴロンとしている姿も顔もやんちゃそうで可愛いですね)

今日お見送りですね。安らかにと祈ります…
anaberu56 |  2010.09.27(月) 01:32 | URL |  【編集】

命あるものはいつか別れが来ますが、出来たら我侭
ですが、誰の終わりにも立ち会いたくない・・・
それなら自分が一番先に逝けばいいなんて思うこの頃
です。
言葉が出ません。
きっときっと幸せでしたよと言ってももう仕方がないこと。どうぞ、早く笑顔で思い出話ができる様になりますように。影ながらお祈りします。
kelly |  2010.09.29(水) 01:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/1297-774a6c63

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。