玉虫日記 秋明菊
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.30 (Sat)

秋明菊

心配された台風ははるか東の海上を進み夜半の雨も風も大したこともなく今日は静かで穏かな一日となりました。そしてそれを見計らっていたかのように長い間蕾のままで一向に咲く気配のなかった白い秋明菊がようよう綻び始めました。ピンクはもう遠に咲き終えているというのに何故か今年は背ばかり伸びて蕾は固く、このまま枯れてしまうのではないかと心配していた矢先のことでした。お花に好きも嫌いもないのですが、それでもとりわけこのお花は大好きで順位をつけると私の中ではかなり上位です。ゆらゆら揺らぐように伸びた軸と緑濃い葉に咲く花はひっそりと控え目でそれでいて華やぎもあるなんとも好もしい花なのです。

白いお花はことに咲き初めが美しいですね。虫食いの穴まで愛らしく思えるのは我が庭の花故ですね・・嬉しくて沢山写真を撮りましたので薔薇の予定を繰り下げて今夜は秋明菊です♪
syu4.jpg
花びらに見えるのはがくで原産は中国。平安か室町あたりに日本に入って来て京都貴船に群生していたことから貴船菊とも呼ばれます。菊の名であっても菊にはあらずの金鳳花科。クリスマスローズやアネモネ、一輪草などと同じ仲間です。
syu3.jpg

テーマ : 花・植物 - ジャンル : 写真

21:04  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

控え目であっても自己主張するところはキチッとできる。そんな凛としたところが感じられますね。
本来の日本人はこんな性格だったのかもしれませんね。原産は他所の国でも、古くから日本人に愛されてきた花には、近代になって改良され立派に咲き誇っている花々にはない健気な誇らしささえ感じます。
そんなことが思えるようになったのも歳のせいかもしれませんが…
よっしー |  2010.10.31(日) 06:29 | URL |  【編集】

シュウメイギクは好きなのですが我が家では育ってくれず何度か友人に
分けて貰ったのですがお花を咲かせることができません。
今年はやっと根付いたようですので来年は花が咲いてくれるかもと期待しています。
虫食いの穴、私が見ても可愛いです(笑)
清楚な白が優しく美しいですね♪
anaberu56 |  2010.10.31(日) 09:29 | URL |  【編集】

Titleと言われても~(-_-;)

こんばんは♪良かったですね秋明菊が満開になられて。今年の家の秋明菊は一重と八重の混咲きでした。
ま~お安く買ったので仕方が無いのですが、二種類楽しめて儲け物♪綺麗に鉢を新調して植え替えたので数年は大丈夫だ思うのですが?ご存じの様に中国か飛んで京都の貴船に多く自生して貴船菊になったのも良かったですね~♪東京の山谷に飛んで山谷菊では、可憐さも半減してしまいますからね(^_-)世の中、上手く行ってます。相変わらず貴船の写真は100点です♪星三っぅ~。。
爺襲名~♪ |  2010.10.31(日) 19:41 | URL |  【編集】

◆よっしーさん

おっしゃる通り、何にも染まらない純白が凛と美しいお花ですね・・秋明菊。そういえば原産地が余所の国で日本に根付いたといえば秋桜もそのひとつでした。優美で脆弱に見えて倒れてもそこからまた立ち上がって花を咲かせる強さを兼ね備えた百恵ちゃんみたいなお花ですよね♪歳のことはこの際忘れて、今が一番だと秋のお花たちを楽しむことにいたしましょう♪
玉虫 |  2010.10.31(日) 20:44 | URL |  【編集】

◆anaberuさん

ダメになるお花の多い我が家の庭ですが秋明菊だけは毎年増えて今年も綺麗な花をみせてくれました。ピンクもあってこれは蝶々みたいに可愛い形をしています♪どちらも好きですが、やはりこの白により惹かれます。今日もしばらく眺めておりましたら青虫くんを発見しました。五ミリくらいの小さいものでしたのでそっと摘んで道端の草叢に移動していただきました。
玉虫 |  2010.10.31(日) 20:48 | URL |  【編集】

◆襲名爺ちゃん

爺ちゃん家の秋明菊は今年随分早く咲きましたよね。うちは何時咲くのだろうと首を長くして待っていましたらやっと今頃になって咲き始めました。暑いのが嫌だったのでしょうかしらね・・p(;_;?)q。。おっしゃるように貴船に群生したからついた貴船菊も銀座だったら銀座菊だし谷中だったら谷中菊?やっぱり貴船がこのお花には似合うし谷中は生姜ですよね(^-^;)爺ちゃん家のもうちのも来年また沢山お花をつけるようにちゃんとお礼の肥料をあげて大事にしてあげないとね~♪
玉虫 |  2010.10.31(日) 20:53 | URL |  【編集】

背景の

深い濃緑が可憐な白をいつそう際立たせて美しいですぅ。
アゲハんちのお姉たまのお庭にも咲いてる花です。
薄い紅もあったはず。
この、不定形の花弁がさまざまなリズムを奏でながら揺れるのを見るのは、とっても心地よいんですよね。
豪華な薔薇や百合も綺麗だけど、ポピーとかマーガレット、デージーの類の微かな風にも震える花姿は非常に美しい!!!!!のです。
ああ、ささくれ立った悲しい心が、ようやっと慰められる....そんな思いです。
お玉様、ありがとう<(_ _)>
アゲハ |  2010.11.01(月) 08:30 | URL |  【編集】

この花の存在を知ったのは、つい最近です。
何とも趣のあるお花ですよね。
奈良の山の辺の道を歩くと道沿いのお宅に
秋の柔らかい日差しを受けてゆらゆらと咲いています。結構背丈がありますよね。
秋名菊、アネモネの仲間とは知りませんでした。
kelly |  2010.11.01(月) 09:43 | URL |  【編集】

◆アゲハさん

あぁやっとお越しくださった♪少しなりともこの花がアゲハさんの心を癒したとすれば写した甲斐もあろうというものです。嬉しいです♪貴船は確かにゴージャスなお花ではありませんが、静かでたおやかな麗人のようなお花ですね。殊に純白のそれは人に譬えるなら式子内親王さまの横顔(見たこと無いけど)が浮かんでくるようです。理知的でそれでいてうちに秘めた詩情豊かな心・・みたいな・・。好きなんですよ。式子さま。私自身が騒がしくて浅墓なのでないものをきっと求めるのかもしれないですね・・(^-^;)
玉虫 |  2010.11.01(月) 20:05 | URL |  【編集】

◆kellyさん

山の辺の道は天理から三輪辺りまででしたか?もう随分前15年くらい経つでしょうか一度だけ歩いたことがあります。民家の軒先や田圃のあぜ道や古墳の周りなどとても楽しい道でした。丁度秋の終わりごろだったと思います。柿の実がすっかり熟して真っ赤になっていて・・ふわふわになった薄の穂が優しく風に揺れていました。秋明菊のお花は咲いていたのでしょうか・・。でもあのお花が土壁の塀を背景に咲いていたらきっと似合うでしょうね・・。一重も八重もありますし紅色もあるのですが私はこの白が一番好きです♪
玉虫 |  2010.11.01(月) 20:14 | URL |  【編集】

こんばんは
シュメイギク私も大好きです
此方では余り見かけませんが・・・
少し気温差が有る場所の方がお花がきれいですね
みみ |  2010.11.01(月) 23:41 | URL |  【編集】

◆みみさん

おはようございます。秋明菊そちらでは咲いていませんか?とても好きな花なので秋になるとそわそわと開花を待ちます。去年楓の木の下に植え替えたのですが半日影がお気に召したようで今年はとりわけ綺麗に咲いてくれました。そうですね、季節の寒暖、めりはりがあるほうがお花も紅葉も綺麗な気がしますね・・
玉虫 |  2010.11.02(火) 06:33 | URL |  【編集】

秋明菊の苗、去年も買おうと思ったら季節が過ぎて、今年も買えないまま真冬になりそう。なのでご近所さんで楽しませてもらってます。
さて、次は薔薇へれっつらごぉ~♪
emy |  2010.11.02(火) 12:45 | URL |  【編集】

◆emyちゃん

うちのももともと実家の庭にあったのを株分けしてもらったの。沢山増えていたのにその後垣根を直したときに植え替えた場所が気に入らなかったようで葉が黄色くなったり毎年咲かなかったりと散々で、結局去年また植え替えて、楓の木の下の新しい場所はどうやらお気に召したみたい。今年は例年になく綺麗なお花を咲かせてくれました。もうちょっと増えたらお嫁に出しましょうか?
玉虫 |  2010.11.03(水) 15:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/1346-40b489fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。