玉虫日記 ACCIDENT!
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.12.20 (Mon)

ACCIDENT!

突然の電話は先週水曜夜のこと。それは東京に住まう二男からで、怪我をして入院手術をするからというものでした。動転して何があったのかと矢継ぎ早に問うわたしに、大丈夫だから来なくていいを繰り返し要領を得ない話に矢も盾もたまらず「明日行くから!」とだけ言って翌朝すぐさま上京しました。病院に着いて病室を訪ねればぶすーっとした表情で開口一番「来なくていいと言ったのに」。。。(ノ_-;)…怪我は鎖骨の複雑骨折。仕事が終わっての帰り、自宅マンションの階段で足を踏み外して転んだのだそうな・・・。何か他にも事情がありそうなのだけれどもともと口数の少ない彼はそれ以上語ろうとしません。骨折の度合いはかなり酷いようでお医者様の複雑骨折というより「粉砕していますね」との説明に青くなりました。翌金曜日手術、一時間程度と聞いていたのに結局2時間半も掛って廊下で一人待っていると悪いことばかりを考えてしいほとほと疲れました。全身麻酔でしたのでそちらの準備にも時間が掛ったようです。麻酔が覚めた息子には激痛が待っていたようでその晩はかなり辛そうでした。私はと言えば完全看護の病院はそばに付くこともならず、ひとまずはホテルに戻りましたが、苦しむ子供を見るほど辛いことはないですね・・。身代わりになれるものならと親なら誰しも思うようそんな思いでその夜は悶々と寝返りばかりで長い夜を過ごしました。やっとのことで朝を迎え病院に行けば幾分痛みも治まったと見えてぐっすりと眠る息子。やっと私も一息吐くことが出来たのでした。本当にもう年の瀬になってのこの騒動・・・酷い目に遭いました。。。。が、落ち着いてしまえば鎖骨の骨折というのは歩けないとか手が使えないといった不自由さもなくわたしの出番も全くなし・・・息子の「せっかく来たのだからどこかに行って来れば」の言葉を渡りに船とちょっとだけ気晴らしもしてきました。

048.jpg

どこに行こうかなと考えてやっぱりお参り、浅草の観音様に怪我の平癒のお願いです。仲見世はもうすっかりお正月の様相、折しも羽子板市が立っていてそれは大変な賑わいでした。大きなカメラは持って行きませんでしたがいつもバックに入っているコンデジでちょっとだけ写してきました♪転んでもただでは起きない?なぁんて言わないでくださいね。。。(^-^;)。。そうそう青空に聳えるスカイツリーもずいぶん背高のっぽになって驚きました(@_@)

005.jpg
21:29  |  息子たち  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

Comment

うんうん わかりますよ~その気持ち

なにはともあれ、痛い思いはなさったでしょうけど、言い方も良くないですが・・ ほんとにこのくらいで済んだと・・・。頭を打ってたり 歩けないとか 何カ月も入院とか 分けて手術とか そうではないだけ・・今だから そう言えます。
玉ちゃんも 疲れたでしょう。病院は ほんと疲れます。ましてや子供が病気だの事故だの聞けば 本人は大げさに言わないでよ~って言いますけど、こっちは自分がそうなったほうがずっとマシだと思うほどなのにねぇ^^;でもボルボにも何度か言われました。心配してくれるのは 有り難いし申し訳ないけど あまりに深刻な顔されたり 騒がれたら 気持ちが塞ぐからやめてくれって^^; ボルボは麻痺が残るかもしれないと言われた時に 彼以上にあたしが落ちこみ・・後で考えれば あたしより本人が辛かったかもしれないのにとww確かに麻痺は残ったけど彼は麻痺とは思っていません^^; 実際普通に過ごしてるものww玉ちゃんのお気持ちも 息子さんのお気持ちも よくわかります^^;
あとは日にち薬ですね^^ちょっとだけウロコも出来た様ですし良かった^^ 息子さんもしばらくは不便でしょうけど、お大事に~~
Pテンコウ |  2010.12.20(月) 22:10 | URL |  【編集】

おかえりなさい

お疲れ様でございました。
昨日、まったく同じ骨折を、友人の旦那様が・・・。
明日はわが身、気をつけましょうぞ。
でもさ~東京でよかったね。
もっと遠い町だったら、ゾッとするわ。
どうぞお大事にね、母上もお疲れ様。
emy |  2010.12.21(火) 00:02 | URL |  【編集】

息子さん、大変でしたね。心配されたでしょう。
「来なくていいといったのに」
子どもは親に対して遠慮なくものをいうので。
親を煩わせたくない想いからの一言でしょうが…
息子さんは大人なんですね。
親に頼らずとも自分で十分対処できるのですから。
親にしてみれば子どもに何かあると心配でたまらないものなんですけど。
何はともあれ無事に手術が終わり一安心ですね。
早い快復を願っています。お大事に。

anaberu56 |  2010.12.21(火) 00:13 | URL |  【編集】

おかえりなさ~ぃ

おはようございましゅ。
たまちゃんにぃーにぃーちゃん少し安心出来るようになったんですねぇ~。
良かった。痛みはまだあるんでしょうけど。そこは、男の子。我慢しているんでしょうね。男の子だから、きっとおかあちゃんを心配させないように~思いやりを持っているんでしょうね。
でも、母はすごく心配するんだよね。子供の事やしね。
たまちゃんお疲れ様でした。
今日はお仕事でしょう。お身体お大事にね。
インフルエンザとかね。
yako |  2010.12.21(火) 05:33 | URL |  【編集】

それはご心配なことでした。
たいしたことはないというやせ我慢もよくよくわかりますが…
いくつになっても子どもは子ども母は母ですからね。
青空にはえる観音様がきっと守ってくださることでしょう。
どうぞ、お大事に…
よっしー |  2010.12.21(火) 07:51 | URL |  【編集】

◆てんちゃん

てんちゃんのご苦労に比べればうちなどかすり傷程のものだったのだと思います。お辛いだろうなと想像はしても実際にそういう目に行き中らないと人ってほんとうのところはわからないのですよね・・。今回は骨身に沁みました。親としてこんなに辛いことはないと思いました。ボルボ君のあまりに深刻な顔をされたら気持ちが塞ぐということ。なるほどなぁと思いました。そりゃ当の本人が一番辛いのですから・・。どうして転んだのとかなんでそんな目にとか私も訊ねてしまいましたけれど聞かれても嫌な気分になるだけなんだっててんちゃんの言葉で思い当りました。おかげさまで昨日退院したとメールが来ました。あとはまた半年後にボルトを抜く手術が待っていますがそのことも本人が一番よくわかっているでしょうから心配顔になるのはよすことにします。ありがとう^^
玉虫 |  2010.12.21(火) 18:25 | URL |  【編集】

◆emyちゃん

お友達のご主人さまもですか?
鎖骨は自ずと折れることで他の器官を守る役目を果たすようです。
とはいえ痛いですよね。
そうそう、怪我は労災になるそうです。
自宅一歩手前でも通勤途上なんですって。
おかげ様で昨日退院して今日から仕事にいったようです。
ご心配くださってありがとう。
玉虫 |  2010.12.21(火) 18:29 | URL |  【編集】

◆anaberuさん

よほどのことがない限り電話をよこさない息子ですので
突然の電話には驚かされました。
大騒ぎしてしまいましたがおかげ様で手術も無事済み
昨日退院をして今日からはもう仕事に出たようです。
男の子は親の世話になりたくないと思うものなのでしょうか?
気恥かしかったのかもしれませんね・・。
ご心配くださってありがとうございました。
玉虫 |  2010.12.21(火) 18:34 | URL |  【編集】

◆yakoちゃん

ご心配おかけしました。
ほんとうに驚いて気が動転してしまって
どうしていいのかもわからずただオロオロ・・
息子のほうがしっかりしていて
入院の用意も自分ですっかり整えて
私はただ見ているだけという情けない母親でした。
痛みは酷かったと思いますが怪我がこの程度で済んで本当に良かったです。
昨日退院して今日からは仕事に行くと昨夜連絡があって
私もやっとほっとしたところです。
何もしなくてもなんだか疲れがどーーーっと噴き出してくる感じ・・
お風邪気をつけないといけませんね。
やこちゃんも慌ただしい年の瀬どうぞお大事になさってくださいね。
あ、そろそろクリスマスのお飾りなさってらっしゃるのかなぁ?
玉虫 |  2010.12.21(火) 18:41 | URL |  【編集】

◆よっしーさん

いくつになっても親は親と思うのは親ばかりで
子供のほうはさっさと一人で歩いているんですね・・
今回も手術するにあたって病院のほうから
親の承諾を得るようにと言われなければ
連絡もしてこなかったものと思われます。
あとで治ってから言えば余計な心配をかけなくても済む?
いえいえ、一人で辛い思いをしていたのかと想像すると
それはさらに辛いことなのに、若い息子にはそんな親の気持ちは
わからなくても仕方がないのでしょうね。
兎も角無事済んでほっとしました。ご心配くださってありがとうございます。
玉虫 |  2010.12.21(火) 18:46 | URL |  【編集】

息子さんお見舞い申しあげます
びっくりなさったでしょう・・・
貴女のお体の方は大丈夫でしょうか?

私も経験が有ります。次男が専門学校で指を切断、急な電話に命有りますと聞きました。
病院に急ぎ息子の顔を見て涙が溢れました
それから毎日通いましたが・・・何もしてあげる事は出来ず
今も元には戻りません

お大事になさって下さいね
みみ |  2010.12.21(火) 21:56 | URL |  【編集】

大変でしたね~

本当に 子供達には いつまでも心配させられますよね~
二男さんは お母さんがそばにいてくれて 心強かったでしょうね
手術が無事すんでよかったですね
もうお仕事復帰されてるそうで ほっ~ですね。
non |  2010.12.21(火) 23:38 | URL |  【編集】

◆みみさん

今回のことはとんだ災難ではありましたが
命に別条なくこの程度で済んで、
今思うと不幸中の幸いでした。
みみさんこそ、大変だったのですね。
我が子の痛みは親の痛みとなってそのまま心に響きます。
いくつになっても親は親なのですものね・・。
私の身体のことも含めて、やさしいお言葉掛け励まされました。
ありがとうございます。
玉虫 |  2010.12.22(水) 20:59 | URL |  【編集】

◆nonさん

ただでさえ忙しい年の瀬にまた慌ただしく上京
入院手術が無事済んでとりあえずは仕事にも復帰出来ました。
といっても骨はボルトやワイヤーで雁字搦めになっていて
半年後にはその抜去をせねばならぬようです。
自分で転んだ事故ですから仕方のないこととはいえ
親の身になると痛いだろうなぁと切ないです・。
でもこの程度で済んでまだよかった・・と思わないと・・ですよね。
ありがとうございます。
玉虫 |  2010.12.22(水) 21:06 | URL |  【編集】

大変なことでしたね。
びっくりされたことでしょう。
怪我も病気もならないようにはどうしたらいいんでしょうね?
災いは今年でお仕舞い。
来年はお互い良い年にしたいですね。
kelly |  2010.12.25(土) 23:22 | URL |  【編集】

◆kellyさん

ありがとうございます。
おかげ様で回復に向かっているようです。
これで厄落とし、来年は良い年になると決めて
新年を迎えようと思います。
にわかに寒くなった年の瀬
kellyさんもお風邪など召されませんように。
玉虫 |  2010.12.26(日) 09:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/1362-d349a4b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。