玉虫日記 ひさしぶりに
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.01.18 (Fri)

ひさしぶりに

母の夢をみました。
しかも、病気をする前のふっくらとしたころの・・・

母は普段、化粧をしない人でしたが、それでも私や弟の参観日や、
親戚のお祝い事の席に赴く時などには鏡台の前に座っていました。

色白の頬にさっと紅を刷いた瞬間、母の顔がぱぁっと明るくなって
輝いて見えたことが忘れられません。

いつもお化粧してたらいいのに・・ってねだると
困ったような顔で笑っていました・・



冬至を過ぎて少しずつ日が長くなってきました。

「春の光は畳の目ひとつ分ずつ伸びてくるのよ」

そんないつもの母の声まで聞こえてくるようです。

もうすぐ立春、母の命日が近付いています。
夢を見たのはそのせいだったのでしょう^^


歌は『悲しき天使』ロシア民謡だと覚えているのですが違ったかな?
大好きな歌のひとつです。



22:06  |  父のこと母のこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

悲しき天使

懐かしいですねえ
私は イタリアの曲だと思っていましたが~ハズレ

たしかに 元曲は ロシア民謡で
それを イギリスの歌手 メリーホプキンが歌って
大ヒットしたようです。

私も
父や義父など
亡くなった人と 夢の中で
 元気な姿で 遭遇できます。
やはり 法事が近いとか 気にかけていると
夢に見ることが多いですね
non |  2013.01.19(土) 09:19 | URL |  【編集】

non

でしょう!
昨夜なんだったかな化粧品のCMでこの曲が使われていて
わたしも思わずあーーーこれって久しぶりに思いだして懐かしくて・・
そうですね、イタリアの雰囲気もありますね。

先月の冬至に逝った義母と、7年前の立春が命日の母は仲良しでしたから
今頃きっと久しぶりのおしゃべりを楽しんでいるかもです^^
玉虫 |  2013.01.19(土) 12:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/1407-17bc400c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。