玉虫日記 赤猪子の蓮
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.08.03 (Fri)

赤猪子の蓮




日下江の 入り江の蓮 花蓮  身の盛り人 羨しきろかも

赤猪子はこのとき80を優に過ぎておりました。
「あぁ若い人が羨ましい。美しい人が羨ましい、日下江の蓮のように咲き誇る人が羨ましい」
と・・

彼女は若い日、雄略天皇に見初められました。
名を問われ、後に召すから夫を持つなと言われたのです。
天皇のお召しを何時ぞ今かと待つうちに幾つもの春と秋が行過ぎました。
待って待って待って待ち続け年老いた彼女は自分の存在を
天皇に伝えないではいられませんでした。
そして詠んだのが蓮の一首だったのです。

天皇は老婆を哀れみはしたもののやはり召す気にはなれず
たくさんの贈り物とともにうたを与えました。

御諸の 厳白樫がもと 白樫がもと ゆゆしきかも 白樫原童女

引田の 若栗栖原 若くへに 率寝てましもの 老いにけるかも

古代の勅命は絶対だったでしょうから
彼女が他の男に嫁ぐなど許されもしなかったのでしょう。
待つだけの人生は寂しいものであったかもしれないけれど
こんな結末を迎えるのであればいっそ、
それだけで終わったほうが幸せだったのではなかったかしら・・

花びらが散ったあと、残る蜂巣のような花托
あれを見るとこのお話を思い出します。
花が美しければ美しいほどに哀しくなるのです。

↓見ないほうがいいかもしれません~~

【More・・・】

07:36  |  古歌  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

No title

きれいなお花・・・
でも胸がいたくなるお話・・・
美しければ美しいほど・・・哀しいですね。
ihatov12 |  2007.08.04(土) 00:29 | URL |  【編集】

No title

だからね、イーハトーブさんは今を大切に
うんと楽しんでくださいね♪
老いた日々の糧に美しい思い出がたくさん残せるように。
tama_ma_ma |  2007.08.04(土) 09:31 | URL |  【編集】

No title

こんなあたしにもね
「ずうーーっと一緒にいようね」
そう言ってくれる奇特な?方がいます。
素直に、、、
言葉だけはありがたく頂戴しています。
だってね、、
盛りを過ぎた今ですら
待つ身というのは…
やはり切なすぎますものね~♪
kuki-eme |  2008.07.06(日) 15:37 | URL |  【編集】

No title

ゑ女ちゃん◆お加減大丈夫?7月になってからこちらは湿気と熱気にもうやられまくり!夏はまだまだ序の口なのにもうヘロヘロになってます。
私にも「ずうーーっと一緒にいようね」の御仁が一人いるにはいますけれど私が一緒に居たいと思うか否かは・・・・・・・さてどっち。。。(・・?

待つ身は辛い?
ゑ女ちゃん誰か待ってるのかなぁ・・・・
私は今も白馬の王子さま待ってるのかもって(-_-;)ノぉい!
tama_ma_ma |  2008.07.06(日) 21:50 | URL |  【編集】

No title

なんだか 胸が痛くなるお話。。。くっそぉ~~男ってやつは!!!ってww皆が皆そうぢゃないけど いい加減な男は 許せんなぁ 昔も今も^^;
お玉おねえちゃん 少しマシになったかと思えば やっぱりしんどそうですねぇ。大丈夫??気分的にも沈んでしまうよね。。
そうそう ず~~んとなった時は 切り替えしなくちゃと思ってもなかなか浮上できないもの。。でも ドラマだのなんだの見て気を少しだけでも紛らわせて・・・って・・・なんのフォローにもならんな^^; ごめんね。。
しかし・・蓮が見事。。お玉おねえちゃんの写真は いつ見ても何か光ってる。そのものの美しさが ちゃんと引き出されて 強調されていて 溜息が出る。同じ蓮なのに・・こんなにも高貴に見えるなんて・・・すごいなぁ・・・と感心しきり。。元気になって またウロコして良い写真撮ってね^^
tencyunyan |  2010.07.15(木) 22:07 | URL |  【編集】

No title

tenちゃんおはよう。一生をこんな風に終えてしまうのは寂しいと赤猪子はそう思ったのでしょうね。もう少し早く言えばよかったのに?なんて若いときはそんなことも言い出せないのかな?それにしても1000年も昔の物語が現代まで残っているってすごいというのか不思議というのか素敵なことだと思います。それから沢山ご心配いただいてありがとう。焦っても仕方がないからじっくりゆっくり回復を待ちます(^_-)☆写真も褒めてくださって嬉しいです。ありがとう♪
tama_ma_ma |  2010.07.16(金) 08:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/225-8789632d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。