玉虫日記 最期のとき
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.02.04 (Mon)

最期のとき


一昨年の丁度今頃
病院で
義妹と甥っ子姪っ子
それから夫そして息子、私の6人で母の枕辺に詰めていました。
外は木枯らしが吹いて寒い夜でした。
主治医が遠方の学会に出向かれていて
当直の先生はお忙しそうでとても心細かった。

苦しそうに肩で息をする母にがんばれとはとても言えなくて
ただただ早く楽にしてあげてと亡き父と弟に心の中で願っていました。
朝から一度も目を開けることもなく意識のないまま夜を迎えたのでした。

もう血圧が随分下がって血液中の酸素濃度もどんどん低くなってゆき
臨終間際というときになって、突然母が目を開いたのです。
大きな目を見開いて何か見えないものを見ているのです。
朝から何度も何度も呼びかけても眠ったままで
母の意識は既に此処には無いことははっきりと判っていました。
そんな母がしっかりと両目を見開いて、天井付近を見上げているのです。
凝視するのではなくて見渡していました。瞳が動いていましたから・・
あの時母は何を見ていたのでしょう。
何が見えたというのでしょう。
とても嬉しそうで、幸せそうで瞳がキラキラと輝いていました。
たとえて言えば幼子が初めて夕焼けを目にしたときのような
雪景色を見たような、丁度そんな風でした。
時間にすれば数分でしょうか・・
やがて静かに目を閉じて息を引き取りました。
口元には笑みが浮かんでいました。

母が最期に目にしたものを私は知るべくもありません。
ただ辛いことの多かった母の人生の最後の最期が
幸せそうだったことは私にとって大きな慰めになりました。
何か大きな力に助けられて母は旅立って逝ったのだと今そう思います。
何度振り返っても不思議で心に残る母の最期の時・・・
いつか、また母に会うことがあったら
「お母さんいったい何を見ていたの?」
って是非尋ねてみたいとそう思うのです。


苺大福。
友人が母にお供えしてと今日届けてくださいました。
Mさんありがとう~。
母も大好物でした・・きっと今頃目を細めていただいてることでしょう!
21:21  |  父のこと母のこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

No title

お母様は最後に何を見たのでしょうね~~。
だれかと。。アイコンタクトしていたのかな?
とっても不思議な??

お幸せそうだったと言うことは。。。。きっと。。心和むものだったんでしょうね。

苺大福
すごい!手作り。
美味しそう。
あのね。。たまちゃん私の実家の方ではお供えしたのをいただくと幸せが来るって。。言い伝えがあるのよ。

たまちゃんにとっても今日は。。良い一日でしたねぇ。。良かった。
yako36 |  2008.02.04(月) 21:24 | URL |  【編集】

No title

やこちゃん・・何を見たんでしょうねえ・・
でもなくなった後笑ってたの母の口元にっこりと笑顔だったの
だからきっと幸せだったんだってそう思う。
お供え物のお下がりで幸せになれる?
お友達のおかげ~~!(。^。^。)b
今日はほんといい日でした~やこちゃんありがとう。
tama_ma_ma |  2008.02.04(月) 21:41 | URL |  【編集】

No title

ちょっとウルっとしながら読みました。
お母様が見たものは・・・いつかわかりますね^^でも出来るだけ遠い日です。咲さんは100歳までは生きるんですから^^僕も(笑)

うちのハンメ(母方の祖母)が亡くなる時も意識がなかったんですが、最期の時に「ありがとう」って声にならない声で・・・口の動きだけで言うてくれました。そして涙を流して遠くに行ってしまいました。
そんなことを思い出しました。
今でも泣けるあの光景。

頑張らなきゃ♪
lim884 |  2008.02.04(月) 21:49 | URL |  【編集】

No title

LIMくん♪ありがとう。
この話ね、去年はまだ日記に書けなかった。
今年やっと書くことが出来ました。
悲しい思い出に繋がるけれど悲しいだけじゃない母の最期の時の話
読んでくださってありがとう。
LIMくんのおばあさまは感謝の気持ちの中で旅立たれたのですね・・
立派な方だなってそう思います。

頑張らなきゃ♪
tama_ma_ma |  2008.02.04(月) 22:35 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.02.06(水) 09:00 |  |  【編集】

No title

鍵コメさん・・みな人それぞれなのでしょうね。
私は弟も父も母も最期を看取ることになりました。
見なければもっと楽だったと思うこともあります。
最期のときの苦しみや辛さやいろんなことが
どっと今も押し寄せてきますから・・
でもおっしゃるとおり時間が薬ですね・・
消してはくれないけれど少しずつ穏かな気持ちで
思い出すことが出来るようになりました。
ありがとうございます。
tama_ma_ma |  2008.02.06(水) 20:11 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.02.12(火) 00:33 |  |  【編集】

No title

鍵コメさんはじめまして。
たくさんお読みくださいましてありがとうございました。
そうですね、幾つになってもあれこれ迷うことや思うことばかりです。
また改めましてお返事させていただきます。今朝はこの辺で・・
tama_ma_ma |  2008.02.12(火) 06:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/442-3ca4a357

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。