玉虫日記 まされる宝
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.08.27 (Sun)

まされる宝


瓜食めば子ども思ほゆ 栗食めばまして偲はゆ 
いづくより来りしものぞ眼交に もとなかかりて安眠し寝さぬ

瓜を食べれば食べさせてやりたいと
栗を食べればましてなお偲ばれるわが子
いったいどこからやってくるのか
その面影が消えては浮かびして眠ることもできずにいる・・

昔も今も、人も動物も子を思う気持ちは同じ
いろいろな愛のなかでももっとも純粋で尊いものだとお釈迦様の教えにもあるようです。

しろがねもくがねもたまもなにせむに
まされる宝 子にしかめやも

金にも銀にも勝る宝
そんなわが子を亡くした親の気持ちはいかばかりかと
胸が痛む事故がありました・・
水に沈んだ三人の子供たち
人は過ちを犯すものではあるけれど
こんな辛い結果を招くことになるだなんて・・惨いことです。

逆縁ほどの悲しみはない・・
弟を亡くしたときの両親の落胆は尋常ではなかった。
親に先立つほどの親不孝はないけれど
それをどうすることも出来ない子もいます。

20で発病・・頑張り続けたけれどこの夏力尽きた
友人の次女享年25歳

神も仏もないという友にどう答えればいいのだろう。
無常、会者定離が世の常人の常ならば
生きるということは辛いことだなと歯噛みするしかない・・

いつかそのすべてを昇華して
解き放たれるときを待つしかない・・

悲しむなというのは無理
思うなというのも無理
21:11  |  日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/5-8c96bcbc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。