玉虫日記 そして・・・
2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.27 (Fri)

そして・・・


二日目の夜も戻らずいつの間にか白々と夜が明けて・・・
三日経ち四日目も日が暮れて・・・

たまが居ない。足元から震えが来るような恐怖・・・

探さなくちゃ・・・ただその一念で先ず家の周りを歩き回りました。
飼い猫が迷子になった場合そう遠くにはいかないのがセオリーだということは知っていました。
たまは家の庭と前の空き地、東のお寺それから裏のあぜ道、
そこまでしか行けない猫です。それがたまのテリトリーなのです。
そこを基点として少しずつ範囲を広げてただただ歩きました。
でも激しい雨が降ったり止んだり・・の酷いお天気。
たまでなくても猫の子一匹辺りには見当たりません。
ご近所の方にも声を掛けて探していただきましたが何の手掛かりもなくて・・・

【もしかするとどこかで怪我をして雨に打たれて動けないのではないのか?】
【野良猫に追いかけられて川に落ちて溺れたのではないか】
【近くの高速道路に入り込んで事故に遭って・・・】
などと怖くて悲惨なことばかりが浮かんで来るのです。

何度同じ道を回っても何の反応もなくて気持ちは焦るばかり・・
時間が経過するほどに無事に見つかる可能性は低くなるような気がして・・

土曜日早朝から少し遠出をしてみることにしました。
野良猫に追いかけられて闇雲に駆け出してどんどん遠くまで行ってしまったのかもしれない・・
田圃道を通りぬけて隣町の路地裏、インターチェンジの周囲、少し大きな川の側
ひたすら歩いて歩いて歩いて・・・

激しい雨と雷に見舞われた日曜の夜は、もう絶望的な気持ちでいっぱいでした。
こんなにしても見つからない。帰って来ないのはやはりもうダメなのかって・・・

泣いて泣いて泣いて・・・

そして・・・
19:58  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/581-04443449

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。