玉虫日記 七夕
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.07.07 (Mon)

七夕



恋ふる日は日長きものを今夜だにともしむべしや逢ふべきものを

今夜は七夕・・でも見上げる空には厚い雲がべったり・・・
過去十年のこの日のお天気を調べましたら(東海地方)晴れの夜は『0』
澄み渡る星空は一日もなかったそうです・・

太陽暦7月7日はまだまだ梅雨のさなかですから当然といえば当然のことです。
本来七夕は24節気の中の処暑(しょしょ)よりも前で、
処暑に最も近い朔(さく、=新月)の時刻を含む日(日本時間)を基準にします。
その日から、数えて7日目を「伝統的七夕」の日とするのだとか・・。
この計算に寄れば今年の七夕は2008年8月半ば過ぎとなりまだまだ先のことです。

七夕にはロマンチックな物語がたくさん残されていますが、
この遠距離恋愛の始まりは間抜けな鵲(かささぎ)の所為だというお話もあるようです。
織姫が彦星に宛てて「7日に一度会いましょう」と鵲に伝言を頼んだところ
いい加減な鵲が「年に一度7月7日に会いましょう」と誤って伝えてしまいました。
あとで悪いことをしたなぁと反省した鵲はそれ以来二人を結ぶ橋となって
離れ離れの恋人たちの手助けをするようになったのだとか・・・ほんとかな?
23:18  |  日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(18)

Comment

No title

鵲って間抜けなの(笑)
近所のお宮さんがその名前ついてます。
今日は七夕やったんやわ~って、お昼前に職場で思い出しました。
あかんあかん、こんなんじゃロマンチックと無縁やわ~。
miya |  2008.07.08(火) 00:32 | URL |  【編集】

No title

miyaちゃん◆おはよ^^
年に一度と七日に一度は大違いだよね!
そんな鵲に織姫彦星は文句を言わなかったんだろうか???
でもまぁ年に一度しか会えない二人だったこそ
宇宙的規模の恋は今も続いているのかもですね!
tama_ma_ma |  2008.07.08(火) 06:20 | URL |  【編集】

No title

この美しい睡蓮の池の景色を、細かなモザイクのすりガラス越しに眺めれば、モネの睡蓮になるかモネ、なんちて。

私って、どーゆー性格なんでしょ、まだ涙がとまらないってのに。
アゲハ |  2008.07.08(火) 08:08 | URL |  【編集】

No title

おはようございます、玉虫さん (o^-^o)
七夕にまつわるお話はいろいろありますね
七夕には素麺を食べて、機織りや縫い物の上達を願うそうですが
いくら食べても・・・裁縫は苦手です(笑)
鵲さんのドジで一年に一度しか会えなくなってしまったなんて
可哀想なお話・・
でも私も同じドジを踏みそうなので、あまり言えませんが <(;~▽~)
愛 |  2008.07.08(火) 08:18 | URL |  【編集】

No title

ブログ拝見いたしました
沢山の書き込み出来ませんがこれからも宜しくお願い致します
chiyoko-mimi |  2008.07.08(火) 11:11 | URL |  【編集】

No title

今日は心配いただいて ありがとう~~^^  あ!今日も。。。だね^^;ww いつも 心配してくれて 気にかけてくれて 感謝してます~^^  七夕にまつわるお話 また勉強になったよ~ そんなことがあったんだね~って あはは 実話ぢゃないって^^;ww  でもお玉おねぇちゃんの話は どれもおとぎの国のような・・なつかしい日本昔話のような・・ いつの間にかその世界に引きづり込まれて(?)しまいますよ^^  不思議な力が お玉おねぇちゃんの文章にはあります。。。さだまさしの歌の世界のような。。。言葉に魂がこもってますよね^^  これからも たっくさんお話きかせてね^^
てんちゅうにゃん |  2008.07.08(火) 18:20 | URL |  【編集】

No title

七夕の風習は ほろびず
結構 生き残ってますね~
幼稚園でも 老人施設でも 駅前でも
涼しげに 笹の葉と短冊が揺れてます~(^▽^)V
星空のロマンは 昔も今も・・・

でも・・・
義母のいる施設では
「お金がほしい」と書かれてる短冊があったとか(笑)

non |  2008.07.08(火) 19:53 | URL |  【編集】

No title

アゲハさん◆モネの睡蓮もう5~6年経つのかな?見に行きました。といってもルーヴルじゃないのは当然ですヽ(o_ _)oパタ!
すり硝子試してみようかしらん~~~(^-^;)
tama_ma_ma |  2008.07.08(火) 21:53 | URL |  【編集】

No title

愛さん◆こんばんは!素麺大好きです☆。.:*:・'゜
こちらは奈良が近いので三輪素麺♪でも揖保の糸も美味しい!
そうそう私もかささぎさんを笑うことは出来ないそそっかし屋で
四方八方に迷惑ばかり掛けてます(^-^;)
tama_ma_ma |  2008.07.08(火) 21:56 | URL |  【編集】

No title

mimiさん◆目の具合は如何ですか。
コメントはどうぞ気になさらないでくださいね。
私もいつも拝見させていただくばかりでごめんなさいです。
お大事にしてくださいね。
tama_ma_ma |  2008.07.08(火) 21:57 | URL |  【編集】

No title

てんちゅうにゃんちゃん◆七夕に纏わるお話はいっぱいあって
どれも楽しいものばかりです^^
でもねえ、アルタイルとベガが一番接近するのはあと一ヶ月後のことらしいですよ。
ほら!今は太陽暦になって一ヶ月早くなってるでしょう?
太陰暦の7月7日はあと一ヶ月以上先!
という訳で8月の半ば過ぎの空は大抵晴れているらしいです。

それとね、子供のことが親は一番気掛かりだから・・
無理しないでね・・。てんちゅうにゃんちゃんのペースでのんびりしてくださいね。
tama_ma_ma |  2008.07.08(火) 22:00 | URL |  【編集】

No title

nonさん◆七夕って老若男女に関係なくみんなに愛されている行事なのですねえ・・!そういえば母も入院中看護婦さんに短冊もらってましたっけ・・・

それにしても老人施設で「お金が欲しい」って・・・( ̄_ ̄,|)
そういうのってなんか寂しいですねえ・・
tama_ma_ma |  2008.07.08(火) 22:03 | URL |  【編集】

No title

へえぇぇ・・・
七夕ってそんなお話があったのですね。
玉虫さんにはいっつもいろんなことを教えていただけてうれしいです!
わたしも先日母の命日におまいりにいったときそのお寺で短冊を書いてきました。おおき笹がいっぱいでなんだかわくわくしました(^^♪
ihatov12 |  2008.07.08(火) 22:12 | URL |  【編集】

No title

おたまおねえちゃん
だいじょうぶ~~だいじょうぶなのよん^^
今は 確かに不安だけどね~~ だけど パソコン前に座るのは そうそう ^^;依存症に近く^^;ww  落ち着くしね  気分的には 楽になるの。。。もちろん投稿は 毎日毎日は そろそろネタも尽きて?wwしんどいから 毎日ぢゃないけどね~~^^;  おじゃましに来るのは 好きでやっているから^^  もちろん 大変な時は出来ないだろうけど~~  心配してくれてありがと^^  でも大丈夫だからね~~^^
tencyunyan |  2008.07.09(水) 06:20 | URL |  【編集】

No title

七夕はどこから来た話なんでしょう。
台湾の人に聞いてみたけど知らないって。
星の話はここではあまり伝わっていないのかなー。
でも
今日もスマイル
kawazukiyoshi |  2008.07.09(水) 16:59 | URL |  【編集】

No title

ihatovちゃん◆幼稚園?もっと小さい頃から
笹の葉さらさらのあの歌とともに親しんできた七夕祭りです。
短冊も楽しいけれど笹のお飾りを色紙であれこれ
作ったことも楽しい思い出になっています。
もう一度子供に戻れたらいいのにねえ・・・
tama_ma_ma |  2008.07.09(水) 20:20 | URL |  【編集】

No title

てんちゅうにゃんちゃん◆お元気そうで安心しました。
私ねえ自分が暗~~~くなっちゃうほうなので・・・
でも思い返すと両親が入院中も亡くなった時だって
わたしもネット繋いでいたように思います。
逃げてたのかもしれないけど、兎も角パソに向かっているときは
いろいろな煩わしいことや辛いこと少しは忘れられるもんね・・
tama_ma_ma |  2008.07.09(水) 20:23 | URL |  【編集】

No title

河津さん◆七夕さまについての記述で一番古いものは
中国の漢代に編纂された「文選」に牽牛織女のロマンスの詩が記載されているようです。
ずいぶん大昔から親しまれてきたのですねえ・・七夕。
でも台湾ではあまり馴染みのない行事なのですねえ・・不思議です。
日本では万葉集にも沢山七夕のうたがありますよ・。
童謡ささのはさらさら~のあの唄は幼稚園の頃から
みんなで歌いましたよね~懐かしいです^^
tama_ma_ma |  2008.07.09(水) 20:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/594-f0fdc007

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。