玉虫日記 アサギマダラ
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.08.06 (Wed)

アサギマダラ


伊吹山のアサギマダラです。
渡り鳥ならぬ渡りをする蝶となのだそうで
春の北上,秋の南下を繰り返します。
台湾台北市北部の陽明山でマークされた2個体が,鹿児島県と滋賀県で確認されたこともありこの蝶の広い移動範囲が明らかになりました。

画像の花は藤袴。
数年前にも同じ場所で同じ花に群がるアサギマダラを見たのですが
今回調べてみましたらオスは吸蜜植物からピロリヂディンアルカロイドを摂取しないと成熟できず、ヒヨドリバナ属などの花に強く誘引されるということでした。
藤袴は、キク科、ヒヨドリバナ属ですからそれも頷けます。



しかし、伊吹のお山。
シモツケは晩春の花
藤袴は晩夏のもの・・
春と秋が入り乱れていて
それはそれで見事な夏山らしいともいえるお花の群れです・・
07:23  |  心覚え  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

No title

名前通りに 優しい浅葱色の 蝶々ですね~
伊吹山には 美しい花が咲いているのですね
地上よりは だいぶ涼しいですか~?
non |  2008.08.06(水) 08:24 | URL |  【編集】

No title

nonさん伊吹山、山頂に居るときは日差しが厳しくて
それに歩いてますので、然程涼しいとは感じなかったのですが
麓に下りてみてその熱気にびっくり!上は涼しかったのですねえ・・
今一番美しい時期だと思います^^
tama_ma_ma |  2008.08.06(水) 20:13 | URL |  【編集】

No title

伊吹山には何度も訪れた事があるのですが、こんなに綺麗な山でしたっけ?・・・・
な~んて・・・私ってば残念な人ですね。
きっと以前はただ目的地に着いて少し登ってお終い!だったんでしょうね。
足元の花やこんな綺麗な蝶々にも出会えるなんて・・・・。
空気が美味しそうな景色です☆
深呼吸~~~~っと^^
南天 |  2008.08.06(水) 22:24 | URL |  【編集】

No title

南天さん家はこのあたりかなぁと、一人で車を走らせました。
306まっすぐで関ヶ原、伊吹山は目前です!
丁度シモツケ草が真っ盛りでお山はピンクの霞がかかったようでした。
トリカブトの青紫がちらほら、その間にはたくさんの更科升麻の蕾!
もうしばらくすればピンクから爽やかな青と白のお山に変身しそうです。何度でも行きたい伊吹山ですが、山上パーキングまでの道路・・・わたしには緊張続きで・・・ヾ(;´▽`A
それも頭痛の原因だったのかもです・・
tama_ma_ma |  2008.08.06(水) 22:29 | URL |  【編集】

No title

お玉おねぇちゃん^^
大丈夫~~?  ↑  ゆうべも 絵を描いていて・・・と言ってもち~~っとも進まなくてね^^;ww  帰ってきて パソコンしようかとも思ったんだけど・・み~んな 眠たそうで・・・好き勝手してると なんだか気がひけてしまってね^^;  疲れてもいたし 寝てしまったの。
こうも暑いとほんとにばてばてだよ~  ドリンク剤私も手放せない^^;私は、リポ ファイン  以前はチオでした^^;wwチオは安くていいんだけど・・・カロリーが^^;。。。ファインは値段的には痛いけど・・・チオより効くような気がして。。。(値段で^^;)あはは

今日明日がんばって またお休み^^  おねぇちゃん頑張ろう~寝込まないようにね^^
tencyunyan |  2008.08.07(木) 06:25 | URL |  【編集】

No title

てんちゅうにゃんちゃんおはよ◆
夕べはいくらか涼しくて、絶対しっかり眠ろうと
万全の寝る体制を整えたのにそういうときに限って
たまが騒ぐ、雷が鳴る(ノ_<。)
で、今朝もだるいよ~~~~~・・(´-`;)

リポ ファイン 試してみるね!さてとお洗濯干さなくちゃ!
頑張るよ~~~ぉ!
tama_ma_ma |  2008.08.07(木) 07:00 | URL |  【編集】

No title

素敵ねぇぇぇぇ!!!!
下界とは別の、まったく異質の大気が満ち満ちているように見えます。
綺麗なしかも過酷な遺伝子を持つチョウチョさん。
彼らの渡りはテレビで見たことがあります。
人の一生の縮図のようですよね。

いつだったか、路上でキラキラと輝くものが見えてそばに寄ってみましたら、トンボの屍骸でした。
それを無数のアリ達が巣に運んでゆこうとしていて、トンボの羽根がきらめいていたんです。
無機質な感じの死。
ああ、こんなふうに死ねたらいいなと何故だか思った記憶があります。
きっと疲れていて、自分の心も体も重くてウンザリしていたのかも。

美しい花野はお玉さまの記憶の宝石箱の中でも息づいていますね。
おれっちも高原に行きたいなぁぁぁ。
アゲハ |  2008.08.07(木) 08:49 | URL |  【編集】

No title

アゲハさん◆そうなの、花野。四季のお花をとりどりに描いた美しい友禅の絵柄を見ているような・・そんな風。
天国に近い高地だからこそ見える風景なんでしょうねえ・・

蜻蛉の屍骸。
無機質な死?そうねえ、死ねば重い身体もそして一個の人間をとりまく?とりつく?柵もなにもかも脱ぎ捨てて
軽やかに飛び立つ一個の魂となる?
いえその魂すらあるやなしや・・・

ほんとうに重いね・・・身も心も水を吸った綿みたいに・・
tama_ma_ma |  2008.08.08(金) 19:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/614-ff8fb001

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。