玉虫日記 仙人掌
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.09.01 (Mon)

仙人掌


ブログ友達のちゃいむさんちにお邪魔しましたら仙人掌が・・・
また懐かしいことがぽっかりと浮かんで来て、にんまり。。。
今夜も忘れないうちに思い出話ひとつ・・



小学生の頃、隣町に『仙人掌と』いう名の喫茶店があって
あれはいったいなんと読むのかと不思議でした。
通学路沿いだったので学校の行き帰り、そこに差し掛かる度、
なんて読むんだろう?
仙人の手だから魔法に関係あるのだろうか?だとか
それとも大きなうちわみたいなんやろか?とか♪あれこれ想像しては楽しんでいました。
で、あるとき一念発起?勇気を振り絞ってお店のドアを開けて、聞いてみたのです!
「なんて読むんですか?」
奥から出てきたおじさんは頭はつるつるなのに白いおひげがありました。
手招きされておそるおそるお店に入った私たちは
そこで緑色のジュースをご馳走になりました。

「これ仙人の掌のジュースやで!」と言われて
みんなでぎょーっと引きまくり( ̄。 ̄;) 

「仙人掌はサボテンと読むんや~どうやええ名前やろ」
「サボテンは人間の言葉がわかるんや。
みんなが寄ってくれて今日は喜んでるわ」
と指差した窓辺には小さな可愛いサボテンがずらりと並んでいて
宝石のような紅色のお花を咲かせていました。

濃い緑色のちょっとドロリとしたジュースは
ほんの少しバナナの匂いがしましたが・・・
あれはほんとにサボテンのジュースだったのでしょうか?

いつの間にかお店は更地になり
窓辺の仙人掌も消えてしまいましたが・・
その頃のわたしたちはそれを寂しいと感じることもなく
また違う遊び違う不思議を追いかけて笑い暮らして居たのでしょう。
あのおじさん今もご健在でいてくださるといいな・・なんて
今頃そんな風に思うのだから、人間って不思議ないき物ですよねえ・・

【More・・・】



↑↑↑
この冬が終わるまで~~~かなり季節はずれですヾ(;´▽`A
画像はでっかい仙人掌!(。^。^。)b
22:18  |  思い出話ひとつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

Comment

No title

お玉おねぇちゃん
サボテン 不思議な植物だよね~^^ お玉おねぇちゃんの昔話は 自分までタイムスリップしたような錯覚^^; でも そのおじさん 良い人ですね~  今はそんなふれあいは ほとんど見られなくなって・・仙人の掌のジュース私も飲みたかったな^^ 
サボテンと言えば ↑の歌^^  大好きでよく歌ったよ。。
tencyunyan |  2008.09.02(火) 07:19 | URL |  【編集】

No title

仙人掌 好きです。
今も リビングに ミニサボテン3兄弟が 育っております。

テキーラは
サボテンの一種から作られるのだと聞きましたが
アロエジュースとかもあるし
やはり サボテンのジュースもあるのでしょうね。

子供時代の
楽しい思い出ですね~
non |  2008.09.02(火) 08:09 | URL |  【編集】

No title

にゃんと見事なサボテンのオンパレード!!!
どこかにはサボテン公園とか、あるらしいですね。そこですか?

小学生の頃、担任の教師がサボテン好きで、私に薄緑色のまるで花のように綺麗な形の物を一鉢下さいました。
ランナーが出て、ちっちゃな同じ形の物がいっぱい繁茂ししました。

以前、ドライブで県境あたりを彷徨ったとき、鄙びた陋屋の石垣にウチワサボテンなるものが盛大に蔓延っていて、黄色い花を沢山咲かせているのに出会い、少し失敬して帰ったことがあります。
エキゾチックで夢のように美しい花でした。
友達が、ウチワサボテンは食べられるんだとか言ってましたけど。
........アロエの親戚みたいなもんだから、それなりイケるかもと納得しましたが、いまだ食べたことはありません。

こんなトゲトゲのサボテン群の自生地では、肉食獣に追い詰められた羊蹄類などが、逃げ込むらしいですね。
スレンダーな彼らはスルリと入り込んで身を護るんだそうで、これを称して(忍法サボトンの術)とか.......ホンマか!?
アゲハ |  2008.09.02(火) 15:32 | URL |  【編集】

No title

てんちゅうにゃんちゃん◆こんばんは^^
ほんとにそうねえ、この頃は知らない人からもらった食べ物なんて
絶対に口にしたらいけないって教えないといけない世の中だもんね。
なんだか恩も情けもない世の中になってしまって味気ないね・・

一つ屋根の下私も大好きだったよ~~~(^-^*)(..*)ウンウン
tama_ma_ma |  2008.09.02(火) 18:57 | URL |  【編集】

No title

nonさん◆仙人掌はあまり手入れしなくても元気でいてくれるから
ありがたい植物ですよね。
忘れてた頃にぽっと電気が点くみたいに花が咲くのも好き!
あのときに飲んだジュースは今思うと
野菜とバナナのミックスだったんじゃないかな???
tama_ma_ma |  2008.09.02(火) 19:00 | URL |  【編集】

No title

鍵コメさん◆わざわざお知らせありがとうございました。
早速拝見してきました。やはりそうだったのですね・・・
何のお力にもなれないのが辛いです。
兎も角ありがとう。
そういう状態であってもそれがわかっただけで
ほっとする思いです。
気長に気長に待つ。。今はそれしかないのでしょうか・・

サボテン、どうしてこんな字が当てられるのでしょうねえ。
遠目からみるとそんな風に見えるのかもです!
tama_ma_ma |  2008.09.02(火) 19:05 | URL |  【編集】

No title

アゲハさん◆ウチワサボテンのお花、知ってます~~~♪
百とも千とも数えられない糸のような蘂をそっと包む
優しい黄色の花びら・・・あの棘を持つサボテンには
不釣合いとも思えるほどの美しさですね・・・
あ、でも孔雀サボテンやシャコバサボテンそれから
月下美人もみな一様に美しい・・・

サボテンの棘は水のない地で生息するための知恵、
葉が変化したものだそうですが、
小動物を守るための砦にもなるのですねえ・・・
サボトンなるほどっ!座布団3枚!
tama_ma_ma |  2008.09.02(火) 19:21 | URL |  【編集】

No title

職場の爺さんカズオさんは、某サボテンクラブの所属で
年に何回か、でかい温室のサボテン屋さんへ観光バスで買い付けに行くそうな。
多肉はおもしろい植物やねぇ。
昔の喫茶店には昨今のカフェにはない、独特な雰囲気がありました。
なんともセピア色の思い出話やね~。
miya |  2008.09.02(火) 22:58 | URL |  【編集】

No title

何か、さださんの歌になりそうな昔話だねー^^
仙人掌は私も大好きです。
ちっこいのはかわいい♪
人の言葉を理解する、とはよく聴くよね。

あと、仙人掌といえば、
私のオススメ本ベスト10の上位に
「サボテンの花」という宮部みゆきさんの短編小説。
「我らが隣人の犯罪」という短編集に収録されてます^^
ちゃいむ |  2008.09.03(水) 09:20 | URL |  【編集】

No title

miyaちゃん◆おっ出た!カズオさん♪
お話伺うたびに一度お目にかかってみたいなぁと。。。
某サボテン倶楽部っていったいどんな集まりなんやろ?
めちゃ興味津々!!

なんかねえこの頃セピア色ばっかし・・・
その昔はどれもこれも綺麗な色つきやったのにねえ・・・
あ、でも極彩色ってのはなかったかもしれへん(T_T)
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:02 | URL |  【編集】

No title

ちゃいむさん◆ネタ頂いてごめんね。
なぁんかちゃいむさんちでコメント書かせていただいてると
あ、これいいかも!って思い出すことが多い気がする。
気がするんじゃなくてほんとにそう!なんでかなぁ。。。

宮部みゆきは大好きだけどそれは読んでない。
嬉しいな~~ちゃいむさんのベスト10やったら
絶対間違いなし!面白いこと太鼓判!((o(^-^)o))ワクワク
併せて、「おそろし」も買ってくることにするo(^▽^)oにゃほ
雨が続くし外にいけない日のヒマツブシ?は本が一番!
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/632-bc1585fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。