玉虫日記 夏水仙(リコリス)
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.09.02 (Tue)

夏水仙(リコリス)




今まで生きて来た中で嬉しかったことをみっつ挙げるとしたら・・・
ひとつは『この日のこんな出来事』です^^
リコリス今年も咲きました☆。.:*:・'゜
20:53  |  息子たち  |  トラックバック(0)  |  コメント(22)

Comment

No title

お玉おねぇちゃん
先ほどは ちょうどお迎えで、ごめんなさ~ぃm(__)m

うんうん  これ以前読んだ記事で 私も 涙がでちゃった 一番好きなお話です^^  今は 彼女が一番で、そっけなくなってしまった子供たち。。昔は私だけを無心に頼って 大好きだと抱きついてきたもんです^^; 
ひろさんがおっしゃるように もう夢の中でしか会えない 遠い日の幼い かわいい子供たち。。ま、末っ子も いづれ・・・・^^;
気が遠くなりそうな失望感を今から、考えるだけで涙が出そう。。
 次男さんが帰ってしまって、、さみしいですね。。。でも 私たち母親は そんな子供たちからもらったたくさんのかわいい笑顔と思い出だけで、、、さみしいけど 耐えれるような気もします^^
tencyunyan |  2008.09.02(火) 21:55 | URL |  【編集】

No title

うわ~、やられた!
道の向こうに寅さんがにんまり笑って隠れてるような映像が見えます。
その花がまだ咲いているのが、まさに貴女らしいな。
miya |  2008.09.02(火) 23:02 | URL |  【編集】

No title

あったかい、すてきなお話で心が洗われるようです。
忘れられない出来事ですよね。
子供の無垢で素直な気持ちってどーんと響いてきますね。
大人になってよく感じるようになりました。
わたしも一度くらい母をよろこばせてあげることができたかなぁなんて思ってしまいました。
ihatov |  2008.09.03(水) 00:17 | URL |  【編集】

No title

素敵なお話ですね
大切な宝物ですね
母になって大変だったことや辛かった事も
たまにこんなとびっきりのご褒美をもらえたら
吹き飛んでしまいますね
何だか胸がキュンときて涙が出そうになりました
玉虫さん、素敵なお話をどうもありがとう (*^.^*)
愛 |  2008.09.03(水) 08:37 | URL |  【編集】

No title

おひさしぶりです

素敵なお話をよませていただき、ふと、自分の事をおもいだしたりして・・・
いつもながら、素敵な言葉に感動です。

hisa33712 |  2008.09.03(水) 10:11 | URL |  【編集】

No title

これがリコリスっていうの。
うちの柿ノ木の根方に生えてましたよ、少し濃いピンクのが。
名前も知ろうとはしなかったんだけれど、夏水仙て床しいですね。

お玉様のこの回想、どこかで読んだ気がします。
映画かドラマのワンシーンみたいに胸に染み入りますね。

私たち姉妹など母に花をプレゼントした記憶はゼロ!
だからなのか否か、母は姉の大事にしている植物を勝手に掘り返して自分の部屋から眺められる場所に植え替えたりしていました。
最初はムッとしますが、後になるとおかしくて笑えます。

人生いろいろ♪親子もいろいろ.........♪
アゲハ |  2008.09.03(水) 17:39 | URL |  【編集】

No title

昨夜 書き込んだはずなのに・・・ない (・_・、)
あれは 夢~?

温かい想い出ですね~

私は 息子たちから そんな気配りプレゼントを貰った記憶は
ありませ~ん。

近くの公園から
渋柿や栗を拾っては来てくれましたが(笑)
あれは 自分の為・・・
non |  2008.09.03(水) 17:42 | URL |  【編集】

No title

じんときます。私にもよく似た思い出があります。ガマの穂が好きだと言ったら採ってきてくれたこと、5時の帰宅時間を過ぎたので探し回り叱ったら、シロツメ草の首飾りを長く長く編んでいたあの夕暮れ。書ききれないほど沢山の純真な愛を貰ったあの日。忘れられないですよね。忘れっろって言ったって・・・そんな思い出のいくつかで無償の愛が築かれてきたのですよね。そんな思い出が持てたことだけでも幸せだと、思っています。
マリリン |  2008.09.03(水) 19:18 | URL |  【編集】

No title

てんちゅうにゃんちゃん◆そうね!
わたしこんな素敵な思い出をもらったんだもんね。
今大人になった子供達はもう親とは全く違うものを見て
全く違う価値観で全く違う考え方をする。
それも当たり前といえば当たり前なのでしょうね・・
気持ち切り替えなくちゃ~~p(。^ー^。)q
ありがとう!
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:12 | URL |  【編集】

No title

miyaちゃん♪あの花は彼岸科の植物やから
球根さえ埋めてやれば放っておいても毎年咲きます(・・;)
貴女らしいなぁんて言われると
お尻のあたりがムズムズ~~(( ( (ヽ(;^^)/

親って損ばっかりと思うけど
そうでもないんやねえ・・
こんな日があるから一生親でいられるのかも・・
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:14 | URL |  【編集】

No title

ihatovちゃん◆大丈夫!
親は子供の何を見ても幸せを感じるものです。
泣いた顔すら可愛いなぁと見惚れたことがありますσ(・_・*)
毎夜寝顔を見れば微笑が浮かぶし
柔らかいからだを抱けば充足感でいっぱいに・・・
そういうものだと思います。
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:18 | URL |  【編集】

No title

愛さん◆読んでくださってありがとう♪
100組の親子がいれば100通りいえその何倍もの
思い出の数が生まれるのだと思います。
愛さんには愛さんの温かい思い出、現在進行形ですね。
たくさん作ってくださいねえ・・
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:19 | URL |  【編集】

No title

ひささん◆お元気でお過ごしでしたか・・
いつか私ももっともっと年老いたとき、こんな思い出を反芻しながら
微笑み浮かべるのでしょうか・・
もっともっと思い出作りに励んでおけばよかったなぁと
ちょっと悔やんでおります。なにせ不甲斐ない親でしたので・・
お天気が安定せず気持ちも身体も不調になり勝ちです。
どうぞご自愛くださいね。ありがとう。
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:22 | URL |  【編集】

No title

アゲハさん◆このお話ねえ、花草紙の中の私花集にあります。
もう随分以前に書いたものなのだけど、このお花が咲くたびに
思い出してしまうので・・・今年もね(^-^;)

そういえば私も母にお花のプレゼントをしたのは
数えるほどしかありません( ̄。 ̄;) 
亡くなる年の母の日に病院のベッド脇の一輪挿しに
カーネーションを飾ったらものすごく喜んでくれてね・・
あまり感情を表に出さない人だったからとても驚いてしまって・・
こんなことならもっとたくさんお花をあげればよかったって・・・
至らぬ娘は反省致しました(。-_-。 )ノハイ
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:27 | URL |  【編集】

No title

nonさん◆頂いてますよ~~夕べちゃんとコメント!
去年の8月1日の記事に残っています。
そちらにも今からレスさせていただきますね。
ふたつもありがとう。
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:29 | URL |  【編集】

No title

マリリンさん◆そうですねえ・・無償。
我が身に代えてもと思うのは親子だけでしょうね・・
子育てって苦労もあるけれどそれにも優る幸せを
親はもらっているのですねえ・・
tama_ma_ma |  2008.09.03(水) 20:32 | URL |  【編集】

No title

な~るほど (★^▽^)V
夢ではなかったのですね~
去年のコメント欄だったのね 
謎が解けてよかったです。

今までも 他のブログで同じ?の消えたコメント事件が
ありましたが こういうのもあったのかもしれませんね~
non |  2008.09.03(水) 22:12 | URL |  【編集】

No title

情景が目に浮かぶようですね
心が温かくなる
そんな絵本が書けそうです
純粋無垢な子供の心にかなうモノは無いですね
mame-neko3 |  2008.09.04(木) 00:08 | URL |  【編集】

No title

nonさん◆そういうわけです~~ヾ(ё_ё)b
謎が解決してスッキリ!良かった^^
今日も照ったり降ったり、散々なお天気でした!
そちらはいかがでしたかぁ??
tama_ma_ma |  2008.09.04(木) 19:17 | URL |  【編集】

No title

まめねこさん◆毎年このお花が咲くたびに
あの日のことを思い出すんですよ・・・
子を思う心は親の方が優っているのかもしれないけれど
その純粋さに於いてなら子供には敵わないと私もそう思います。
絵本描いてください~~~!!まめねこさんの絵大好きです^^
tama_ma_ma |  2008.09.04(木) 19:19 | URL |  【編集】

No title

あたたかい思い出ですね^^
息子という立場から言うと・・・母親が覚えてくれてるように、息子も結構いろんなこと覚えてるもんですよ♪
僕のそんな話がオカンの記憶を呼び覚ますこともあったり。
言うか言わないかだから、息子さんも言わないだけできっと覚えてるんだと思いますよ^^
素敵なお話をありがとう!
lim884 |  2008.09.05(金) 11:46 | URL |  【編集】

No title

LIMくん◆そういうものなのですね・・嬉しい。
もうすっかり忘れているものと決めていたんです。
花が咲くたびに覚えている?って聞いてみようと思いながら
忘れたーって言われるのが嫌で、聞けなかったの。
来年咲いたら聞いてみようかな・・「覚えてる?」って
そんなあれこれ昔の話がいつになったら話せるようになるのかな。。
LIMくんの年になるまであと10数年・・
そしたら彼らも少しは親の気持ちのわかる大人になってくれるのかな・・だったらいいな・・・

ヾヾ(*^▽^*)〃〃ありがとう♪
tama_ma_ma |  2008.09.05(金) 20:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/633-06b3f4df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。