玉虫日記 啓蟄
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.05 (Thu)

啓蟄


暦の二十四節気のひとつで、『雨水』の後15日めの3月6日頃に当たります。は『ひらく』、は『土中で冬ごもりしている虫』の意で、文字通り地中深く冬篭りをしていた虫たちが春の到来を感じて地上へ這い出して来るというわけです。その頃地上では三椏や福寿草や蕗の薹など草木も芽吹いて春の足音に拍車が掛かります。

啓蟄、春が近づいて嬉しいには嬉しいのですが、虫はどうも苦手・・花壇の手入れをしていてにょろにょろの蚯蚓やまるっこい団子虫がぞろぞろ姿を見せると未だに手を引っ込めてしまいます(^-^;)。。。どうにも虫めづる姫にはなれそうもありません。。
ところで、虫愛づる姫君ご存知でしょうか?その昔虫が大好きという少し変わった?お姫様がいらっしゃいました。美しい蝶よりも、芋虫のほうがお好きというその姫は、事象のまことの姿を愛した姫でもありました。そんな姫の登場するお話『堤中納言物語』にこんな一節があります。

◆人は夢まぼろしのやうなる世に 誰か止りて悪しきことをも見よきをも見思ふべき

このはかない夢ぼろしみたいな世に、誰がいつまでも生きて『良い事だ』『悪いことだ』とあげつらうものですか。どうせこの世は一時のことだわ・・

なんだかサバサバとしていて良いでしょう!一度きりの人生、人の目や思惑など気にせず楽しめばいいではないか・・そう仰ってらっしゃるのですね。確かにその通り、人生って楽しんだ者勝ち!愉快に笑って美味しいところだけ味わうそんな贅沢、もちろん自分なりのですけれど、良いんじゃないかなぁ(^_-)☆
お花はホトケノザ☆。.:*:・'゜
21:19  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

Comment

No title

そうそう!
啓蟄だったんですね。
私も虫は大の苦手です。
お手入れするときも視力悪いながらも必死でみてますよ。
動くモノはいないか?
ドキドキものです。

ホトケノザ、着物きたひとがふたりならんで前にならえ、してるみたいに見えま~す。
ihatov |  2009.03.05(木) 23:12 | URL |  【編集】

No title

お^^; やっぱ さすがだわ~~お~み~ご~とぉ~~ パチパチぃ^^
同じ啓蟄のブログでも お玉おねぇちゃんのは わかりやすく かつ丁寧に 深いとこまでとりあげておりまするぅ^^  虫さんがもぞもぞ起きてくるよ~なんて言ってるあたしゃ・・・一体wwどうなんだ^^;あはは~~
でも それはそれ~~あたしゃ我が道機関銃を貫きますのよ~^^
虫好きのお姫様のお話 読んだよ~題名忘れたけど・・昔話のお姫様のお話に有ったわよね^^ 堤中納言なんて 難しい題名ぢゃなかったなぁ  鉢かぶり姫とか 安寿と厨子王だったかな そんなお話の中の一つだったような・・・ま、いっか~~^^;
そうそう 一度きりの人生だもんね^^泣いて暮らすも笑って暮すも一生。笑って生きた方が得ぢゃ!と・・・亡くなった父が母の事を非難しつつ私にこぼした時の言葉。。ほんとよね~
ホトケノザ ほぅ~~こうやって見ると雑草には見えない^^;
tencyunyan |  2009.03.05(木) 23:41 | URL |  【編集】

No title

コメント描いたけど、蹴られちゃった~。
啓蟄のお言葉、うなずけることばかり。
私もこの住宅から出たいー!
最近、負のオーラがただよっているのです・・・
emy |  2009.03.06(金) 00:10 | URL |  【編集】

No title

悪戯で長虫の作り物を贈られてビビるシーンがありましたよね。
やせ我慢みたいな姫の言葉が笑えました。
趣味嗜好の問題だけど少し変わり者のお姫様みたいにも感じられます。
アゲハの友達にも一般常識では括れない、そんな感じの人がいますが、まあ究極、誰とてもとまるべかはあだし野の草の葉ごとに縋る白露..ってところ?
こちらは少し寂しいですか.....。
アゲハ |  2009.03.06(金) 07:01 | URL |  【編集】

No title

虫は 特別愛でるというのでもないですが~
木や虫に囲まれて育ったので(笑)

ムシャムシャ葉っぱを食べている 青虫とか
ぞろぞろ 自分より大きい食べ物を背負って 行列しているアリとか
蝉の抜け殻とか
そういうのには 興味がわきます。
飼いたいとは 決して思いませんけどね (・_・、)
non |  2009.03.06(金) 08:11 | URL |  【編集】

No title

コメントにうなずいています
最近特にそう感じます。
ホトケノザ可愛いですね^^

↓お雛様 立派ですね。風格の違いがわかります
可愛いお雛様も^^

我が家も男の子2人です(孫も男)
私も自分のお雛様、欲しくなり以前に買い求めましたよ
chiyoko-mimi |  2009.03.06(金) 09:32 | URL |  【編集】

No title

二十四気の雨水から15日目、雪から雨に変わる時期なのですね。
ま~花屋敷さんは、ゴキを見ても三㍍ジャンプして逃げる位に虫が苦手ですからね^^;
そうそう、祖花師さんにも花の撮影24節気があるのですよ!
ま~これは秘伝の巻物!免許皆伝の折りにはお見せしましょう~。
この巻物を元に撮影すると、当たりしズレのない綺麗な逸品が撮れるのですよ。夢幻がでましたね!現実的には、善し悪しの判断は自分の人生。人の不幸は蜜の味?楽しんでなんぼのものですよ(^_-)花屋敷さんは、楽しんで楽しんでこの世を終わり前方後円墳に入ろうと思いますぅ♪
花屋敷 |  2009.03.06(金) 10:15 | URL |  【編集】

No title

ihatovちゃんこんばんは♪着物の女性!なるほどそんな風にも見えますね。o(。・・。)o支那服?を着た人にも見えるような・・・
虫は私も駄目~~。。(´_`||)ムカデだとか蜘蛛は特に怖いですぅ~~ヽ(o_ _)oパタ!
tama_ma_ma |  2009.03.06(金) 19:36 | URL |  【編集】

No title

てんちゃん♪虫さんもぞもぞ~~ほんとにずっと眠っててよ~って言いたいけどそれも可哀想だしね・・・そういえばてんちゃんちのブロッコリーも青虫にやられてたねえ~うちの母は農薬が嫌だといってあれを割り箸で摘んでました(^-^;)いっぱい溜まったの見ると怖いよーーー( ̄_ ̄,|)鉢かづき姫は懐かしいね!あと瓜子姫と天邪鬼や中将姫のお話とか子供の頃から馴染んだ母の昔話だったなぁ。中でも安寿と厨子王は十八番中の十八番で、安寿恋しやほうらえほ。厨子王恋しやほうらえほ。。あの場面になるともう涙涙で。。。。。大きくなってから鴎外の山椒大夫を読んでまた二度目の安寿と厨子王を楽しみました♪
てんちゃんのお父さまとても素敵な方だったのねえ、もう少し長生きしてくださってたらお母さまももっと楽しく過ごせたのに・・
思い出だけで残りの人生を暮らすのはやっぱり寂しいでしょうね。お母さまなにか楽しみごと見つかると良いですね!
tama_ma_ma |  2009.03.06(金) 19:59 | URL |  【編集】

No title

emyちゃん♪出たいかぁ~~外は春だもんね!蝶々みたいにひらひらと花から花を飛び回って春満喫したいよね・・
負のオーラに負けないでぱーーーっと元気だしてね!そしたらぽっかり頭の上に青空が広がるかもしれへんよ!早くいいとこあるといいねえ・・そしたらわたしも遊びにいけるもんねえ!(。^。^。)b
tama_ma_ma |  2009.03.06(金) 20:04 | URL |  【編集】

No title

アゲハさん流石~~きゃーーー蛇ぃ~~ですね!(。^。^。)b
げじげじ眉に鉄漿もしない歯の姫のことを繕わぬ不体裁ななんて形容もあってあの頃の美意識って面白いですね。この姫様やはり変わり者だと思いますよ。ただ物語としては大そう面白おかしかったです。
誰とでも迎合する八方美人よりは自己を貫いて孤高を守る人生の方が潔いとは思いますけれど、やっぱり人ってたった一人でいいから理解してくれる人が居てくれたほうが幸せな気がします・・。
tama_ma_ma |  2009.03.06(金) 20:13 | URL |  【編集】

No title

nonさん、私も同じですよ~♪子供の頃から地面のある暮らしでしたから、アリンコの行列を眺めたり、蜘蛛が巣を張る様子を物陰から飽かず見つめていた覚えがあります。子供たちが小さい頃はいっぱい虫を捕まえて着ましたから逃げてばかりもいられませんでしたしね。
でもやっぱり苦手。。。あ、でも天道虫や蛍なら掌に載せても平気です~~!(。^。^。)b
tama_ma_ma |  2009.03.06(金) 20:18 | URL |  【編集】

No title

mimiさん♪お孫さんも男のお子さんでしたか・・。女の子がいればあれもこれも出来るのにと思うことばかり・・・。男の子には男の子のよさもあるのでしょうけれど、ついないものねだりをしてしまいますよね。
お雛さまご覧下さってありがとう☆。.:*:・'゜
tama_ma_ma |  2009.03.06(金) 20:21 | URL |  【編集】

No title

花屋敷さんこんばんは~♪祖花師さんの花節季!どんなでしょう?免許皆伝の暁を待っていたらσ(ーー;)、お婆ちゃんになってしまいますーーー!ちょこっとだけでいいから教えてくださいなぁ~~とりあえず春の巻き!(。^。^。)b。。。。。そうそう人生は夢幻ですよ。。。草の葉の露。。。ならば楽しいほうが良いに決まってますもんね!楽しんで楽しんで前方後円墳!!楽しさの極みですねえ~~~極地(^-^*)(..*)ウンウン
tama_ma_ma |  2009.03.06(金) 20:26 | URL |  【編集】

No title

ホトケノザって春の七草の1つですよね。こんなに可愛いお花を付けるんですね。知りませんでした。お花だけを見てたら、小さい頃道端に咲いていたお花で、よく手にとっては蜜を吸っていた小花を思い出します。同じ様なピンク色してたんですよね。懐かしいなあ*
popokedama |  2009.03.06(金) 21:38 | URL |  【編集】

No title

popokedama さんおはようございます♪七草の頃にはまだ蕾もありませんものねえ・・ホトケノザ。。。思い出の小花はなんだったのでしょう?蜜?。。。葛だとかスイカズラ?かなぁ・・・?春のお花たちいろんなことを思い出させてくれますね、、、そうそう春と言えば、この頃我が家の猫たち、抜け毛が始まったみたいです(・´`●)
tama_ma_ma |  2009.03.07(土) 06:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/758-00da6467

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。