玉虫日記 一昨日の・・
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.05 (Thu)

一昨日の・・


「唐招提寺1200年の謎~天平を駆けぬけた男と女たち」を見てから
どっぷりと古代史に填まってます。
もう随分以前に読んだ黒岩重吾氏を本棚から手にとって時代順に並べて
また一から読み始めようかと・・・(^-^;)かなり長い道程・・・

そうそう、文化の日、三重郡菰野町にあるパラミタミュージアムに出かけました。
お目当ては辻村寿三郎さんの人形展
その昔某局の彼の作品を使った「新八犬伝」が大好きでした!
われこそは玉梓が怨霊~~というあれ!
残念ながらお人形は撮影禁止でしたので写真に収めることは出来ませんでしたが
作品数も多く、江戸の物語のなかの女たちや戦国武将などたっぷりと楽しんできました。
パラミタミュージアムはこんなところ・・
まるで自然の山に佇んでいるかのような雰囲気のお庭も素敵でした。
お花は山茶花がぽつぽつと・・それから千両の赤い実そして黄色い石蕗・・あとハグマも見つけました。静かな秋のお庭です。春はどんなかな?今から楽しみです。

07:31  |  日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

Comment

No title

まあ、小春日和にいい思い出を又ひとつおつくりになりましたのねん。
羨ましいわ、あたしなんかもういつから旅行していないか....。

それはいいとして、人形が作者に似るのか、或いはその逆なのか、どこかしら何かしら似ていると感じるんですが、あたしだけかしら????
アゲハも大好きでしたよ、あのナレーション鮮やかに思い出せます。
あの人形は、ホント独特の雰囲気で強キャラですよね。

唐招提寺のイベントを、偶然ですがテレビで見ました。
ドラマはお仕事で見られなかったんですけど、好きなジャンルですね。

石蕗が咲く時期になりましたね。
この花に散り掛かっていた山茶花の薄白い花びらを夢のように思い出します。

このごろ心にユトリがまったくなくて、ギスギスして、噛み締めていめ為に歯まで痛み出してくる始末.......こんな日々しか得られないアゲハは、まったく哀れですわ。

アゲハ |  2009.11.05(木) 12:43 | URL |  【編集】

No title

価値観の追求
  満足感の蓄積
    行動の美学
      あぁー 
        表現の仕方は
          わからん
            わかるのは
              素敵だと いうこと  
sasurai66 |  2009.11.05(木) 19:47 | URL |  【編集】

No title

アゲハさん、歯のお具合は如何ですか?何処が痛くても辛いけれど頭痛と歯痛これは嫌なものですねえ・・。しかも噛み締めすぎての痛みとあらば、そのお胸のうちは如何ばかりなのかと・・・。なにか鬱屈したものが一つでもあるとすべてのものの色に紗がかかったようで楽しめないものです。早く雲が晴れますように・・。
お人形と作家さんの関係はおっしゃるとおりだと思います。絵もそうなのではないかしら・・?作風は作者本人を写す鏡なのでしょうか・・。
先日のドラマは古代史ファンとしては嬉しい企画でした。もっとあの頃のものがあれば見てみたいなと思います。某局の大河ドラマでもまったくと言っていいほど取り上げられないのはやはり時代考証も難しいですし史実も曖昧な点が大きいのでしょうね・・。独断と偏見でもいいのに~~っていうのは我儘かしら(^-^;)
石蕗に薄氷のような山茶花の花弁・・夢みたい、ほんとうに。
tama_ma_ma |  2009.11.05(木) 21:07 | URL |  【編集】

No title

つぐさん、大昔の建物が今に残る不思議、先人たちの知恵が建築構造の随所に残されていてその技術が今に伝わって・・ってすごいことですよねえ・・。建築だけではなくて書物にはもう1千年以上も前の人たちが今と同じように泣いたり笑ったり悩んだり・・恋したり♪それもとても興味深くてそれを知ることはとても楽しいです。
tama_ma_ma |  2009.11.05(木) 21:16 | URL |  【編集】

No title

あ~八犬伝 子供の頃好きで見てたな~~  そうそう玉梓が怨霊~~って 怖かったにゃ~~ww あの歌もよく歌ったわ^^;辻村寿三郎さんの人形は ほんとに見事よね。。三重県におもしろいミュージアムがあるのね^^
てん |  2009.11.05(木) 22:57 | URL |  【編集】

No title

晩秋の一日楽しまれましたね
私もテレビ楽しみましたよ
丁度 美術館ボランテア最後の日でした
(20年間参加させていただきました)
学芸員の方 法要に参列されたようでした

辻村寿三郎さんの人形見応えが有りますね
子供の頃は怖かった思い出が有ります^^
美術館散策は大好きで 楽しみの一つです

chiyoko-mimi |  2009.11.06(金) 08:42 | URL |  【編集】

No title

てんちゃん♪「いざとなったら玉をだせ、力が溢れる?不思議な玉を~♪♪♪」だったかな?仁義礼智忠信孝悌!毎日続きが楽しみで放送時間を待ちかねてました!あのころのテレビ番組って今よりずっと種類も数も少なかったと思うけどでもいいものがいっぱいあったと思うなぁ・・
tama_ma_ma |  2009.11.06(金) 20:32 | URL |  【編集】

No title

mimiさんこんばんは♪美術館のボランティアをなさっていらっしゃったのですか?20年間も!どんなお仕事だったのでしょう?またお聞かせいただければ嬉しいです。
辻村さんの作品は愛らしい人形というのではなくて
もっと人間臭いものが多いですねえ・・。
とても面白いものでした^^
tama_ma_ma |  2009.11.06(金) 20:35 | URL |  【編集】

No title

八犬伝、大好きやった♪けど、一番忙しい頃だったからなかなかテレビの前に座っていられなかったなぁ。
自然が楽しめる美術館いいね~。石蕗もなぜか芸術的だわね。
これは撮った人の腕のなせる業^^
emy |  2009.11.06(金) 22:20 | URL |  【編集】

No title

玉虫さん、こんばんは。

玉虫さんのいく所、キラキラしてますね~。^^
玉虫さんの楽しい行動力、私も見習いたいです!!
あれも↑これも↓行ってみたいよ~~~♪


mintogreen |  2009.11.06(金) 23:11 | URL |  【編集】

No title

emyちゃんおはよ~一番忙しい頃やったと聞いて私はその頃何してたんやろと・・・(^-^;)あれは夕方やったよね~~お勉強もせずクラブもせずか?ん~~忙しかったのか暇やったのか全然記憶がないわ。情けないヽ(o_ _)oパタ!
tama_ma_ma |  2009.11.07(土) 06:35 | URL |  【編集】

No title

mintoさんおはようございます。。。行動力ありますか?わたしp(;_;?)qあっちにふらふらこちらにふわふわ?遊んでばかり・・わたしはmintoさんの地に足をつけたそちらでの暮しを見習いたいなぁといつも思っています。あれもこれも是非お出かけ下さい!いっちゃったもん勝ちです~~ヾ(。ーー;)ぉい
tama_ma_ma |  2009.11.07(土) 06:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/893-8939e271

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。