玉虫日記 金戒光明寺
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.04 (Fri)

金戒光明寺


法然さまは↓の記事でnonさんがおっしゃっておいでのように浄土宗開祖のお上人様でその総本山は知恩院。何時だったかの桜の頃に知恩院を訪ねました折やはり800年大遠忌の法要に行き当たったことがありました。画像探したらありましたのでご紹介しますね。浄土宗総本山の知恩院こちらの光明寺は大本山という訳です。総本山には及ばないもののこちらのお寺さんも大きい!立派な山門それに続く石段、もう少し下から写せばよく判ったのですがこの雰囲気も総本山の長い石段に似通っていますね!(。^。^。)b広い敷地には見事な紅葉・・とりわけ真っ赤だったのはこの一本です。ここからは余談?になりますが、さださんの「美しい朝」アルバムに収録されている『いのちの理由』は浄土宗の依頼に由る物だとこれもnonさんに教わりました。素敵な詩ですのでこちらも併せてご紹介いたします。nonさんありがとうございました♪



私が生まれてきた訳は・・あなたが生まれて来た訳は・・
若い頃は日々の忙しさに追われてただ生きることに夢中でしたけれどこの頃、ほんの少し生きること命のことについて思うことがあります。身近な人を何人か見送って、死というものが特別なものではなくなってきたからかもしれません。今年もあっという間に12月を迎え、今日もまたポストにお年賀状の欠礼のご挨拶が届きました。友人のご主人さま、まだ50代です。
笑って過ごしても泣いて過ごしても怒ってもぼーっとしていても、同じ人の一生。
それなら面白いことをいっぱい探していっぱい笑って美味しいものを食べて美しいものを見て
ほんの少しでもいいから誰かのために役立つことが出来ればいいですねえ・・。そして、一期一会の桜のように一期一会のもみじのようにこの広い世で巡りあったことを喜び、いつかさよならのそのときには大切に思う人の心の中に私の思いが少しでも留まればいいなぁと思うのです。
23:15  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

No title

まっかな紅葉すっごくきれいですね!
私も母を見送り、愛する人を見送り、
さらに自分がおおきな病気になり
命というものを考えざるを得なくなり。
今生きている奇跡に感謝し
長く生きるだけが幸せではないと
今を大切に、時間を大切に、と
思いながらも日々仕事やあれこれに追われこれでいいのかと悩みつつ
でもそれが幸せなのかとも思ったり。
あらら、とりとめがなくなってきました。

色々想い悩むことはあっても
自分の心に正直に
休憩しながら前を向いて大切に時間を重ねていければなぁ、なんて思います。
長々と失礼しましたm(_ _)m
i_ha_to_v |  2009.12.04(金) 23:49 | URL |  【編集】

No title

ihatovちゃんおはよう~♪雨の土曜日になりましたねえ。でもこういうのものんびり出来てよいかも?ってもしかするとihatovちゃんはお仕事で、もうお出かけの時間だったのならごめんなさい( ̄。 ̄;)
生きる意味を考えたところでどうにもならないけれど、さださんの詩を聞けばなんだかほっとするようなそんな気がして・・。そうですね、生きた証しは生きた時間ではないと思います。だからといって何か特別のことをしなくてはならないものでもないしね。日々淡々と、自分にいただいた時を過ごすことが出来ればそれでよしかな♪。。長々とだなんて・・・いつも大歓迎ですよ~^^。。。ihatovちゃんのコメントで私もまたあれこれ考えさせていただきました。あまり難しく考えなくても良いとは思いますがたまには自分と向き合う時間も大事だと思いますから・・
tama_ma_ma |  2009.12.05(土) 07:41 | URL |  【編集】

No title

知恩院さんには、私の父のお骨が納めてあります。
あれは紅葉でも桜でもない、思い切り雪が降る日でした。
お墓参りはマメマメと行く母も、ご先祖さんから続くのと同じように分骨したこちらには、なかなかお参り出来ずにいるのですわ。
ちょっと京都まで、、、が難しい大阪人は、きっとたくさんいるでしょうね。

え?!うちだけやろか???!!!
emy |  2009.12.05(土) 22:37 | URL |  【編集】

No title

emyちゃんち実家は浄土宗なんやねえ・・。うちは浄土真宗。東本願寺さんです。死ねば京都暮らし?になるって訳かなぁ~~。うちの父は次の月曜日が命日、真白な霜がキラキラと光る冷たい朝のことでした。そのあとぽっかぽかの小春日和になったのを今も覚えてる。母は立春、真白な雪が降り積む日で寒い夜のことでした。この頃ねえ、よく夢を見るんだよね・・両親や弟の・・。お墓参りいかなきゃね・・。お母さま、たまには京都に連れて行ってさしあげたら??喜ばれると思うよ~~
tama_ma_ma |  2009.12.05(土) 23:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/912-d59d797c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。