玉虫日記 東京
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.12 (Sat)

東京


音楽と記憶がシンクロするのはよくあることですが
詩と思い出がそのまま重なるということもあるようです。
先日「ソフィアの鐘」にコメを下さった風遊さんのお話をうかがってそれに気がつき、少々羨ましくなりました。
人それぞれで一括りには出来ないものの、それがたとえ悲しみや辛いものだったとしても
若い日の出来事はいつか美しい色に変わるような気がしています。
詩の舞台って特定されてないものもたくさんありますが其処此処の街の名前や道筋など
住んでいる人にとっては日常の景色がそのまま歌になっていることも多々・・・
それってどんな感じなんでしょう?地方の極ありきたりの町で成長した私にとって若い頃都会というのは
テレビや映画の中の世界でしかありませんでした。
今でこそ東京は時折訪ねる場所となり、多少なりとも身近にはなりました。
「ソフィアの鐘」に出てくる、神宮、四谷見付橋~水のない川、「檸檬」では湯島聖堂、聖橋も見知って居ます。
それでもやはり訪問者、旅人としての私には旅の思い出しかありません。
別段そのことが寂しいとか詰まらないとかではなく、一度くらい東京で暮してみたかったなと思うのです。
楽しいと思いません?恋の思い出が歌になってるなんて~??
その願い叶えるには今から恋をするしかない???ヾ(。ーー;)ぉい
でもね~~すこし恋しいんですよ・・去年の今頃何をしてたのかって日記を遡ってみたら
東京にお出かけしていました。。。。呼ばれているのかな??大好きなあの街に・・
行っちゃう???(='ー')クス♪
09:41  |  思いつ記  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

No title

お気に入りの地へ
  in すればするほど
    お気に入り度って
      増すばかりですよね♪
        そして それは素敵なこと♪  
          何度でも in 東京してください。        
sasurai66 |  2009.12.12(土) 12:27 | URL |  【編集】

No title

あはは~~ほんとに行っちゃいそうwwお玉おねえちゃんなら 行くかもしんないねぇ^^  またささやいてあげようか?悪魔がww「いけ~~行くんぢゃ~~」wwいいな~~あたしは 東京はゆっくり行ったことがありません。さださんの湯島聖堂とか聖橋も。。長崎はさださんのふるさとだし行ったのよ^^いろんなとこ。。
田舎者のあたしは 住みたいとは思わないけど でももう少し近いといいな~って思う。行きたい美術館や楽しいイベント  かわいいお店 田舎には絶対無いものが 東京にはあふれてる。。
てん |  2009.12.12(土) 13:08 | URL |  【編集】

No title

ですよね~~大好き東京♪
もしかすると前世は江戸娘だったかもです~~o(^。^*)。。oO
行きたいなぁ~~なのです!
tama_ma_ma |  2009.12.12(土) 14:38 | URL |  【編集】

No title

てんちゃんもっと囁いて~~悪魔の唆し!大歓迎~~(^-^;)
そうね、てんちゃんの居場所はパパちんの側、それしかないよね・・
私もそうには違いないのだけれど、次男に繋がる場所なんだよね~東京・・。お正月帰ってくるのかなぁ~~まだ連絡も無し(・´`●)
tama_ma_ma |  2009.12.12(土) 14:40 | URL |  【編集】

No title

時々出かけたくなりますね^^
この歳になっても・・・
私は 息子に逢いたくなります(この時期、イルミネーションもネ^^)
chiyoko-mimi |  2009.12.12(土) 19:21 | URL |  【編集】

No title

mimiさんこんばんは~♪そうですよね、年齢は関係ないですよね。何時まで経っても親は親だし子は子ですもの・・・。
そそそ!イルミネーションもです~~(^-^*)(..*)ウンウン
tama_ma_ma |  2009.12.12(土) 21:58 | URL |  【編集】

No title

たしかに・・・
小説や映画では 東京の地名が一番よく登場するように
思えます。
でも どうなんでしょう~
東京の人には あまりにも当たり前のことになっていて
 知っている地名が出てきても 私たちが思うほど感激しないものかもしれませんね~

私は京都や神戸などが登場すると うれしくなります~
大阪だと そうでもないのは 何故?(笑)
non |  2009.12.12(土) 23:32 | URL |  【編集】

No title

ごぶさたです~f^-^;
ってもしかして今日はお江戸でしょうか???

↓のたまにゃん、いつものことですが美しいですね~?
それにイルミネーション、すっごくキレイ!!
あ~。。。どっかおでかけして心の洗濯したいなぁ。
でも体力がついていかないわたしでした(._.)
i_ha_to_v |  2009.12.13(日) 12:14 | URL |  【編集】

No title

nonさん、推理小説を読んでいると地方都市が舞台になることがありますね・・。私も斎王の葬列を読んだときちょっとうれしくなりました。東京の人はもうそれが当たり前だから感激しない?だったらもったいないなぁって思いますよ。
tama_ma_ma |  2009.12.13(日) 21:57 | URL |  【編集】

No title

いーはとーぶちゃん、相変わらずお忙しい毎日なんでしょうか?私は暇を見つけては何かしら遊ぶことを探してるみたい・・^^;師走だっていうのにねえ・・。すぐどこかに出かけてしまう私のことをたまにゃんも呆れてるかもしれないですよ~~勝手な飼い主だーーってね。。。イルミネーション綺麗でしたよ~都会のキラキラした派手さはなかったけれど絵本みてるみたいでとても素敵でした^^。。。年が明けたら少しはのんびりできるのでしょうか?ゆっくり休んで体力つけてくださいね^^
tama_ma_ma |  2009.12.13(日) 22:01 | URL |  【編集】

No title

あまり東京に馴染みがないから、歌としてしか聴いてなかったなー;^^
いいなあ、と思いつつどこか遠くの出来事のような?

でも自分が知ってる場所が小説に出てくると、ホントワクワクする。
ただ奈良は故郷ではあるけれど、他の旅した場所よりかはうんと
ワクワク度が高くて、嬉しかったりするわりには、
実はあまり知らなかったりもするんだよね。
普段は地元であまりウロウロしなかったなー。
遠足とかには行ったけど(笑
浅見光彦の新作は奈良らしいよ。やっぱ1300年?(笑
ちゃいむ |  2009.12.14(月) 00:35 | URL |  【編集】

No title

ちゃいむさんおはよう~♪だよね!知ってる場所出てくるとなんかうれしいよね。奈良は結構出てきて、そうだそうだーそうだった!なんてにんまりしちゃう。東京もそう!ここ数年都内を歩くことが多くなってそっか~あそこがここかぁ~なんてよく思うようになった。次は浅見さんも奈良???そうなのか???(='ー')クス♪でもどんな1300年なのか楽しみにすることにしましょ^^;
tama_ma_ma |  2009.12.14(月) 06:30 | URL |  【編集】

No title

あたしは、、、断然京都派。
大昔、友人と会社サボって丸一日、
7時間くらい京都をほっつきまわりましたっけ。
体調を崩してからは
なかなか旅気分になれなくて、、、
田舎(清水)にもいかなくちゃいけないんだけど~

そうそう、住むのなら絶対清水!ですよぉ。
ひとも、町も、ゆうらりまったりぬくぬくなとこです。
…あっ。…やっぱ、、、
ふるさとは遠きにありて思うもの…かな?
kuki-eme |  2009.12.15(火) 09:58 | URL |  【編集】

No title

emeちゃんこんばんは♪京都も大好き、その昔、一週間ほど滞在したことがあります。友人と二人で二月の京都。雪が降ってね・・すごい綺麗だった・・。でもねえ、一緒にいった友人は去年鬼籍に早々と入ってしまって京都はちょっと悲しい町にもなってしまいました・・。済むなら絶対清水??美味しいトンカツ屋さんもあるんだったね!清水は、なんかイタリアのイメージ!お日様が燦燦と輝く明るい町の気がします☆。.:*:・'゜
tama_ma_ma |  2009.12.15(火) 21:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/919-81b8ec02

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。