玉虫日記 スカピオサ
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.09 (Sat)

スカピオサ


寒中お見舞いを書かねばならないのですが
さっきからずっと書きあぐねています。
夫を亡くした友人にどんな言葉を連ねたらいい?

小半時かけた挙句書いたのは二行だけ・・

寒中お見舞い申し上げます。
暖かくなったらどこかにお花を見に行きましょう

そんな気持ちになってくれるといいのだけれど・・

親子は二世、夫婦は三世というけれど
もともと赤の他人がともに暮らして築き上げる人生
そこには不思議な力が、強い絆とともにあるのだろうな・・
かと思えばその絆は簡単に断ち切れるものでもあって
それもまた不思議なことではあります。

お花はスカピオサ、松虫草。先日お花屋さんで見かけました。
ほんとうは夏のお花です。花言葉は悲しすぎて書けません(T_T)
10:36  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

No title

あぁあー 鍋を焦がしちゃって!(爆)

スカピオサ、、、このままドレッシングなしで食べちゃいます!
夏? 花言葉? 関係ねぇい、、、ムシャクシャ なんか変?爆 
sasurai66 |  2010.01.09(土) 20:15 | URL |  【編集】

No title

私の友人も2年前に ご主人が亡くなりました。
慰めたりするのは とても苦手だし
これから先 どんな風に付き合っていけばよいのやら~と
不安でしたが… 
昔どおり 明るい生きていく彼女の姿に
いつも ほっと安心させられています。
ご主人は いつも彼女の心の中では
元気で共に暮らしているようです~
non |  2010.01.09(土) 21:39 | URL |  【編集】

No title

つぐさんこんばんは~(ノ_-;)ハア…
お鍋はもうしっかりぴかぴかに磨きましたってば~~
お花食べちゃいますか?むしゃむしゃ
食べるのなら楽しいお花がいいかもです~
マツムシソウを食べると泣き虫になりそうな気がしますよ~(T_T)
tama_ma_ma |  2010.01.09(土) 21:44 | URL |  【編集】

No title

nonさん、そうですね、きっと私の友人の側にもご主人様が居てくださいますね。
そういえば弟が亡くなったあとも義妹は弟がそばにいる気がすると言っておりました・・。
いつものように自然に振舞えばいいのですね!
ありがとう~少し気持ちが楽になりました^^
tama_ma_ma |  2010.01.09(土) 21:47 | URL |  【編集】

No title

ちょっとごぶさたしちゃいました。
すこしおなじような経験をした私は・・・
やはりいつもと同じがうれしかったです。
咲さんのメッセージ、きっとお友達にあたたかく伝わってると思います。
ihatov |  2010.01.10(日) 08:05 | URL |  【編集】

No title

ihatovちゃんおはようございます♪
お風邪はいかがですか?もう大丈夫?
先週は寒い日が続いて私も肩がガチガチ?
少し運動をせねばと思うこの頃です・・

春になったら彼女も外に出る気持ちになってくれるかな・・
今はまだ何を聞いてもどんなものを見ても亡くなった方との思い出に
繋がるらしくて・・
春になればお花がきっと慰めてくれますね^^
tama_ma_ma |  2010.01.10(日) 08:32 | URL |  【編集】

No title

マツムシソウ
大学1年生のとき、初秋の信州・美ヶ原高原の風に揺れる淡い紫に感動して、機会を見つけては、マツムシソウに出会いに出かけるようにしていました。昨夏も出会えて感動しました。

さだまさしさんの御尊父様が先月お亡くなりになられていたとのことですね。
カウントダウンコンサートではそんなことは微塵ものぞかせておられませんでした。
でも、急遽、演奏曲を変更されていたとのこと…
さださんのお父様は、さださんのコンサート会場でよくお出会いしました。いつも息子さんの活躍を笑顔で応援されていました。あの温かい目は忘れることができません。

お邪魔しました。
よっしー |  2010.01.13(水) 18:18 | URL |  【編集】

No title

よっしーさん、12月の半ばだったそうですね・・
お優しそうな方でいつも静かに微笑んでらっしゃいました。
さださんは最期を看取ることが出来たそうで何よりだったと思います。
両国でのコンサートも楽しみにしていらっしゃったとか、
誰しもいつかは来る別れとは言え寂しいことですものね・・

松虫草は園芸種しか存じませんが、野生のものはもう少し小振りなのでしょうか・・高原で咲いている姿は素敵でしょうね・・
私もまた機会を見つけて逢ってみたいものです^^ありがとうございました♪
tama_ma_ma |  2010.01.13(水) 20:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/945-15f501b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。