玉虫日記 蕗の薹
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.30 (Sat)

蕗の薹


春たてば消ゆる氷の 残りなく 君が心はわれにとけなむ 【古今集】

春の陽射しが嬉しい一日でしたね。
寒さからすこしだけ解放されて心まで伸びやかになるようです。
そこかしこに春の兆しが嬉しい庭のあちこち
我が家にもふきのとう顔を出していますよ。。。*^-^*

花をのみ待つらむ人に山里の雪間の草の春をみせばや

花ばかりを待つ人に雪の間から芽吹いた早春の息吹を
みせてあげたいものだという一首


早春に萌え出でた緑の新芽たちに拍手☆。.:*:・'゜

【More・・・】

ふきのとうが咲いたよ
春はもうそこまで
君の笑顔に似ているね
水辺で 輝いたよ

僕を忘れちゃいやだよ
季節が過ぎても
時々でいいから少し
思い出してね

弟発病の2月、涙とともにこの歌を聴いた
今年もふきのとうが庭に顔をだして
そしてまた蘇る弟の笑顔
春が来るね・・・
あなたが逝ってからもう何度目の春を数えたのでしょう
時間の流れは確かにやさしいものなのだと
この頃ほんの少し感じられるようになりました

22:25  |  さだまさし+古歌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamamamanote.blog100.fc2.com/tb.php/961-1dffe6e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。