玉虫日記 花
2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.11.11 (Thu)

秋薊思い出すのは去年(こぞ)のこと

DSC_0596.jpg
日向に咲く色とりどりの花はもちろん美しいのですが木の下影でこんな風にひっそりと佇むものにも心は引寄せられます。広い植物園の中一本の樹に目が留まり、そういえば・・と、去年このあたりで花を見つけたことを身体は覚えていたようで自然に足が花に向かいました。薊は春だけではなくて秋にも咲いて、他の花と同様に春と比べると寂しげです。秋薊にふと「去年の今頃は何をしていたのだろう」と思いを馳せた瞬間です。
DSC_0570.jpg
07:22  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

2010.11.02 (Tue)

秋の薔薇

DSC_0489.jpg
秋の薔薇園です。四季折々に咲く薔薇はそれぞれに特徴があって秋には秋の美しさを奏でてくれます。薔薇園全体を眺めると春の賑わいには劣るもののその一輪一輪は薫り高く密度の濃い色で素敵です。
DSC_0424.jpg
それは春の光と秋の光の差異なのかもしれません。やわらかな光の粒が春の薔薇を愛らしい乙女に、透明に輝く陽射しが秋の薔薇を芳しい美女に仕立てているような・・・。
DSC_0374.jpg
それにしても何処のどんな人がこの花に「薔薇」という字を当てたのでしょう。薔薇の字がそのまま花になったのかこの花が薔薇という字を選んだのかこの花に似つかわしい名だといつもそう感じます。
DSC_0389.jpg
この柔らかいピンクの薔薇には「夕霧」の名がついていました。たちこめる自然界の霧ではなく源氏の夕霧の君の少し寂しくてやさしい面差し・・。
DSC_0360.jpg
こちらは「万葉」茜色の薔薇に額田のあの詩を重ねると素敵です。花はもとより自分の呼び名など知りはしないし知っていてもそれを別段気にも留めないでしょう。名前など所詮は符号に過ぎないのかもしれません。ただ、それでも付けられた名前を知ることで人が花に寄せた思いを分かち合えるような気がします。花の謂れやそれに纏わる物語を紐解くこともまた楽しい花の鑑賞法だと思います。

薔薇のALBUMはこちらです♪

テーマ : 花・植物 - ジャンル : 写真

07:06  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2010.10.30 (Sat)

秋明菊

心配された台風ははるか東の海上を進み夜半の雨も風も大したこともなく今日は静かで穏かな一日となりました。そしてそれを見計らっていたかのように長い間蕾のままで一向に咲く気配のなかった白い秋明菊がようよう綻び始めました。ピンクはもう遠に咲き終えているというのに何故か今年は背ばかり伸びて蕾は固く、このまま枯れてしまうのではないかと心配していた矢先のことでした。お花に好きも嫌いもないのですが、それでもとりわけこのお花は大好きで順位をつけると私の中ではかなり上位です。ゆらゆら揺らぐように伸びた軸と緑濃い葉に咲く花はひっそりと控え目でそれでいて華やぎもあるなんとも好もしい花なのです。

白いお花はことに咲き初めが美しいですね。虫食いの穴まで愛らしく思えるのは我が庭の花故ですね・・嬉しくて沢山写真を撮りましたので薔薇の予定を繰り下げて今夜は秋明菊です♪
syu4.jpg
花びらに見えるのはがくで原産は中国。平安か室町あたりに日本に入って来て京都貴船に群生していたことから貴船菊とも呼ばれます。菊の名であっても菊にはあらずの金鳳花科。クリスマスローズやアネモネ、一輪草などと同じ仲間です。
syu3.jpg

テーマ : 花・植物 - ジャンル : 写真

21:04  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

2010.09.08 (Wed)

お花の絵の正体は・・


変化朝顔です。変化朝顔との出会いはもう5~6年も前のことになるでしょうか・・。最初は東京の友人に種を戴いたのが始まりでした。朝顔とは思えないような花をつけることが珍しくて面白くて以来毎年少しずつですが育てています。例年、千葉県佐倉市にある国立歴史民族博物館の暮らしの植物苑で変化朝顔展が催されるのですが今年はそれを見てきたという次第です。変化朝顔についての詳細はこちらのページをご参照下さいね。↑↑↑青打込堺渦柳葉白撫子采咲牡丹



←青桔梗渦葉青紫覆輪丸咲。

とても小さくて、お箸くらいの背の高さしかありません。。
↑↑↑2005年に歴博で発見された無弁花の朝顔は花びらがありません?↑↑↑「朝顔培養全書」変化朝顔の栽培技術を記した明治の頃のご本です。江戸後期に、園芸がブームとなり変わった花や葉を楽しむといった風潮が生まれました。現代のものとは異なる珍しい「変化朝顔」が好まれたのもそのような背景があった故でしょうか・・。そんなゆとりのあるお江戸の暮らしはきっと楽しいものだったと想像できます。もしタイムトラベルが可能なら、いの一番に行ってみたいのは古墳~飛鳥~奈良あたりですけれど、江戸の町もまた楽しいだろうなぁとお花を眺めながらそんなことを考えていました♪今日は台風の接近と通過でお江戸は大変な豪雨、朝顔さんたちは久し振りの雨を喜んでいたのでしょうか?それとも強すぎる雨に打たれて萎れてしまったかな?台風一過の秋も期待できそうにない今年の9月、明日はもう重陽ですが、朝顔から菊にバトンタッチはまだまだ先のことになりそうですね。おやすみなさい。
23:30  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

2010.08.31 (Tue)

ハゼラン


とても小さなお花です。直径五ミリくらいでしょうか・・線香花火が爆ぜるみたいにポッポッポっと咲くのです。種を蒔いた記憶も苗を植えた覚えもないのでたぶん雑草なんだと思います。でももう何年も何年も前からずっと同じ場所にこの季節咲いてくれます。小さすぎて写真がうまく写せません。。。ごめんねハゼラン♪そうそう思い出しました。別名お八つ花とか三時花とも呼ばれるそうです。だいたいその頃合に咲いて花は夜を迎える前に萎れてしまいます。今年はこの暑さでお花は数えるほどしか咲きません。明日から9月だというのにこの夏はいったい何時まで居座るつもりなのでしょうね・・。もうそろそろそろそろいいんじゃないの?

                                                  。。(´_`||)。。。
22:59  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(16)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。